2019年11月13日6,728 ビュー View

【ただの平和】見よ、これがゴールデンレトリーバーのケンカである。【動画】

ゴールデンお気に入りのおもちゃといえば、まずどの子も上位にくるであろうものが「ボール」です。何がそんなに彼らを虜にするのか…は不明ですが、ときにはボールを巡って争いが繰り広げられることも。ある意味で「熾烈」と言えそうなボール争いを、ぜひご覧ください。

1つのボールを奪い合うゴールデン

海外で暮らす2頭のゴールデンレトリーバー。

 

向かい合って真正面から、マズルを潰すほどのチュウをするほど仲良し…というわけではなく、ボールをどちらがゲットするかで争っている模様。

 

両サイドからくわえられたボールは、心なしかひしゃげて見えるような…。

 

まったく身動きもせず、声も出さないところを見ると「両者一歩も譲らず…」というナレーションを入れたくなってしまう。

 

どこからともなく現れた3頭目

2頭がボールを巡って争っていると、どこからともなく3頭目のゴルが現れました。

 

おそらく彼らと一緒に暮らしている子なのでしょう。

 

彼らの様子をみて「そろそろやめなよ~」と仲裁でもしにきたのでしょうか。

 

そんな彼がとった行動は…

 

「ポスン」

 

なんと、橋のように繋がった2頭のマズルを自分のアゴを置きにして、ポスンと乗せたのです。

 

こんなことをされたら、「ちょっと!」なんて言いたくなりそうなもの。

 

だからボールのことは諦めがつきそうなものですが…残念ながら2頭は微動だにしませんでした。

 

それはそれで、鈍感というか気が長いというか…。

 

3頭目が去ってからも奪い合いは続き…

しばらく2頭の間にアゴを乗せていた3頭目ですが、埒が明かないと思ったのかいったんその場から離れます。

 

その後も、依然としてボールを巡る争いは終わりを見せる気配がありません。

 

「あの~、彼の心に免じて、なんとか終わらせてもらえないでしょうか?」

 

なんて、そんな声をかけたくなってしまいました。

 

ゴールデンはとても優しく愛情深い犬種でもあるため、ときにはこのようなおおらかとも言える行動を自主的にとってくれることがあります。

 

例えば、子どもが怒られているとかばおうとしたり、赤ちゃんが泣いているとなんとかあやそうとしたり。

 

彼らの優しさは人間の想像を超えるもの。まさに天井知らずと言えるでしょう。

 

ですが、今回のケースは、ゴルの心ゴル知らず。

 

一刻も早く、この冷戦が終戦となることを願っております…。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「俺のママから離れろ」ゴールデンの強すぎる嫉妬はちょっぴりウザくて最高に嬉しいのだ【動画】

いいなと思ったらシェア

  • レト,ジアイーノ
    レト,ジアイーノ

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • レト,ジアイーノ
    レト,ジアイーノ