レトリーバー健康

レトリーバーの健康を守るための知識などを紹介しています。 レトの健康維持はオーナに大きく委ねられます。日頃から知識を身につけておくことが大切です。

「健康」に関する記事一覧

  • 「花の子」と呼ばれたゴールデンはこうして18歳まで生き抜いた【コラーゲンの希望】

    愛犬との暮らし、楽しんでいますか。

    いま現在すごく元気にしているその子も、もうあなたのそばからいなくなってしまったあの子も、せいいっぱい生きているし、思いっきり生きた。

    彼らがよりよく生きるその手伝いをすることが、飼い主のつとめ。

    もっといえば、それがわたしたちの喜びなんですよね。

    今回は見事18歳まで生き抜いたゴールデンレトリーバーのお話です。

    「花の子」と呼ばれた女の子は、どのようにしてその生涯をまっとうしたのでしょう。

    そこには飼い主のやさしい気持ちが引き寄せた奇跡がありました。

     

    ※この記事は個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません
    ※文章はインタビューに基づき編集部が構成したものです
    ※画像はイメージです

    2022年08月22日
    4,052 ビュー View
  • 17歳の湘南ボーイ・ペン。丈夫な体を育んだのは「2歳から始めた手作りごはんと毎日の散歩」 #13ペン

    平均寿命が10〜12歳と言われる大型犬のレトリバーたち。しかしそんな平均を物ともせず、年齢を重ねても元気なレトリバーを憧れと敬意を込めて“レジェンドレトリバー”と呼んでいるRetriever life。その元気の秘訣をオーナーさんに伺うのが、特集『レジェンドレトリバーの肖像』です。今回は17歳というスーパーレジェンドのペンくんが登場。若い頃、アレルギー皮膚炎を薬に頼ることなく解決したという“手作りごはん”が、その長寿に大きく影響しているようです。

    2022年07月21日
    938 ビュー View
  • マイクロチップがついに義務化!装着前に知っておきたい「健康への影響」「費用」「メリット」

    愛犬家の皆さんはすでにご存知かと思いますが、2022年6月より「改正動物愛護管理法」によってペットの犬や猫にマイクロチップの装着が義務付けられました。“マイクロチップの存在は知っているけれど、うちの子は未装着” “体内に異物を入れても大丈夫?” “絶対装着しなきゃいけないの?” などなど、この新しいルールに戸惑う人もきっといるはず。なので今回はマイクロチップ義務化について分かりやすく、かつ不安な部分までをしっかり調査してきましたよ。

    2022年07月14日
    512 ビュー View
  • 【たった1回の投薬でOK】外耳炎治療薬「ネプトラ®︎」がレトライフを変える!【早期発見、犬の外耳炎サインとは?】

    垂れ耳のレトリーバーは外耳炎になりやすい犬種。

    そんな外耳炎治療薬に革命が起きています! たった1回の投薬でOK、しかも獣医師さんが対応してくれるので我々オーナーは何もする必要がありません。

    ペット先進国のアメリカやヨーロッパで多くの犬を救った外耳炎治療薬「ネプトラ®︎」が、あなたのレトリーバーライフを変えるかも!

     

    (sponsored by エランコジャパン株式会社)PM-JP-22-0248

    2022年06月10日
    8,944 ビュー View
  • 【取材】旅立つ3日前まで普段どおり暮らし15歳で透明になったリオ。日本初のドッグリフレクソロジストが語る「長寿の秘訣」と「私がペットロスにならない理由」

    東京都にお住いの飯野由佳子さんは、日本初の犬のリフレクソロジーを行うドッグリフレクソロジスト。大のレトリーバー好きで、リオくんという名前の黒ラブと暮らしていましたが、昨年11月に15歳でお空へ…。「もちろん悲しくて、さみしいけど、ペットロスにはなっていません」と言う飯野さんにその理由を伺うと、とても大切なことに気づかされました。

    海外で統合医療やがんケアについても学ばれた飯野さんのお話には“愛犬の長寿の秘訣”や“ペットロスとの向き合い方”のヒントが盛りだくさんです!

    2022年04月25日
    1,362 ビュー View
  • 【取材】足腰は弱っても気力は弱らない15歳!12歳から始めたあるトレーニングが介護生活に役立って… #10ピース

    平均寿命が10〜12才と言われる大型犬のレトリーバーたち。しかしそんな平均を物ともせず、年齢を重ねても元気なレトリーバーを憧れと敬意を込めて“レジェンドレト”と呼んでいるRetriever life。その元気の秘訣をオーナーさんに伺うのが、特集『レジェンドレトの肖像』です。今回取材したのは、15歳の男の子ピースくん。すでに足腰が弱っていますが、昔やった“あるトレーニング”が、介護が必要となった今、大いに役立っているのだそう。

    2022年02月09日
    3,168 ビュー View
  • 【取材】東洋医学やドイツ自然療法。「うちの子だったら」を模索して出来たのは新しい病院の形

    世田谷区の動物病院「ピリカメディカルサロン」代表の水澤佳寿子(みずさわかずこ)さんは、あるきっかけから未経験の分野である動物病院を開院しました。水澤さんはいくつかの会社を経営し、コンサルティングも行う経営のプロ。ただ、ご自身の言葉を借りれば獣医師でも動物のプロでもない“ただの飼い主”。でも愛犬への愛情と持ち前の探究心、経営者としての高い能力が新しい形の動物病院を生み出しました。

    2022年01月22日
    1,873 ビュー View
  • 【取材】北国に暮らす18歳目前のおじいワン!長寿の秘訣は「こだわりの食と筋トレ」 #9 りち

    平均寿命が10〜12才と言われる大型犬のレトリバーたち。しかしそんな平均を物ともせず、年齢を重ねても元気なレトリバーを憧れと敬意を込めて“レジェンドレトリバー”と呼んでいるRetriever life。その元気の秘訣をオーナーさんに伺うのが、特集『レジェンドレトリバーの肖像』です。

    今回紹介するのは18歳を目前にしたラブラドール、りちくん。今も食欲旺盛で、毎日散歩へと出かける元気の源は食と運動にありました。

    2022年01月21日
    3,280 ビュー View
  • 【エッセイ】『自分は愛レトのプロでいよう』かかりつけ医との“関係”をより良いものにして愛するレトリーバーを守ろう

    行く頻度はそれぞれ違うものの、犬と暮らしている上で動物病院の存在はとても大きい。たくさんの動物病院の中から自分と愛犬に合っている病院を見つけることは犬との暮らしのクオリティを大きく左右すると思う。まずは一番身近であるかかりつけ医のことを考えてみたら、反省点と今後の方針が見えてきた。

    2021年09月06日
    901 ビュー View
  • 「花の子」と呼ばれたゴールデンはこうして18歳まで生き抜いた【コラーゲンの希望】

    愛犬との暮らし、楽しんでいますか。

    いま現在すごく元気にしているその子も、もうあなたのそばからいなくなってしまったあの子も、せいいっぱい生きているし、思いっきり生きた。

    彼らがよりよく生きるその手伝いをすることが、飼い主のつとめ。

    もっといえば、それがわたしたちの喜びなんですよね。

    今回は見事18歳まで生き抜いたゴールデンレトリーバーのお話です。

    「花の子」と呼ばれた女の子は、どのようにしてその生涯をまっとうしたのでしょう。

    そこには飼い主のやさしい気持ちが引き寄せた奇跡がありました。

     

    ※この記事は個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません
    ※文章はインタビューに基づき編集部が構成したものです
    ※画像はイメージです

    2021年08月29日
    26,904 ビュー View
  • 「花の子」と呼ばれたゴールデンはこうして18歳まで生き抜いた【コラーゲンの希望】

    愛犬との暮らし、楽しんでいますか。

    いま現在すごく元気にしているその子も、もうあなたのそばからいなくなってしまったあの子も、せいいっぱい生きているし、思いっきり生きた。

    彼らがよりよく生きるその手伝いをすることが、飼い主のつとめ。

    もっといえば、それがわたしたちの喜びなんですよね。

    今回は見事18歳まで生き抜いたゴールデンレトリーバーのお話です。

    「花の子」と呼ばれた女の子は、どのようにしてその生涯をまっとうしたのでしょう。

    そこには飼い主のやさしい気持ちが引き寄せた奇跡がありました。

     

    ※この記事は個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません
    ※文章はインタビューに基づき編集部が構成したものです
    ※画像はイメージです

    2021年08月22日
    10,365 ビュー View
  • 「花の子」と呼ばれたゴールデンはこうして18歳まで生き抜いた【コラーゲンの希望】

    愛犬との暮らし、楽しんでいますか。

    いま現在すごく元気にしているその子も、もうあなたのそばからいなくなってしまったあの子も、せいいっぱい生きているし、思いっきり生きた。

    彼らがよりよく生きるその手伝いをすることが、飼い主のつとめ。

    もっといえば、それがわたしたちの喜びなんですよね。

    今回は見事18歳まで生き抜いたゴールデンレトリーバーのお話です。

    「花の子」と呼ばれた女の子は、どのようにしてその生涯をまっとうしたのでしょう。

    そこには飼い主のやさしい気持ちが引き寄せた奇跡がありました。

     

    ※この記事は個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません
    ※文章はインタビューに基づき編集部が構成したものです
    ※画像はイメージです

    2021年08月22日
    4,688 ビュー View
  • 【愛レトに深刻な病気が見つかった。その時あなたは?】目の前の愛レトと『いつも通りに』過ごすことの大切さ、その意味

    「愛レトにはとにかく元気で長生きして欲しい…」それは誰もが願うことです。嬉しいことに犬の平均寿命は伸びており、医学の進歩により治せる病気も増えています。それでも病気のことになるとナーバスになってしまうのが現実です。そんな気持ちをどうコントロールしてレトと向き合えば良いのか、自分の経験も含め考えてみました。

    2021年08月18日
    1,062 ビュー View
  • 「花の子」と呼ばれたゴールデンはこうして18歳まで生き抜いた【コラーゲンの希望】

    愛犬との暮らし、楽しんでいますか。

    いま現在すごく元気にしているその子も、もうあなたのそばからいなくなってしまったあの子も、せいいっぱい生きているし、思いっきり生きた。

    彼らがよりよく生きるその手伝いをすることが、飼い主のつとめ。

    もっといえば、それがわたしたちの喜びなんですよね。

    今回は見事18歳まで生き抜いたゴールデンレトリーバーのお話です。

    「花の子」と呼ばれた女の子は、どのようにしてその生涯をまっとうしたのでしょう。

    そこには飼い主のやさしい気持ちが引き寄せた奇跡がありました。

     

    ※この記事は個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません
    ※文章はインタビューに基づき編集部が構成したものです
    ※画像はイメージです

    2021年08月16日
    13,449 ビュー View
  • 【取材】介助犬への理解を広めたい。世界に挑戦するパラサーファーの思いとは。

    サーフィン中の事故で頚椎粉砕骨折と言う重傷を負い、頸髄損傷によって肩から下が動かなくなってしまった藤原智貴(ふじわらともき)さん。死も覚悟しなければならなかったほどの状態から復活し、現在はパラサーファーとして活躍しています。傍らには介助犬のダイキチくん。出会いや暮らし、介助犬への思いについてお伺いしました。

     

    身体障害者補助犬(厚生労働省HPより)

    身体障害者補助犬は、盲導犬、介助犬及び聴導犬のことです。身体障害者の自立と社会参加に資するものとして、身体障害者補助犬法に基づき訓練・認定された犬です。法に基づく表示をつけています。盲導犬は、視覚障害のある人が街なかを安全に歩けるようにサポートします。介助犬は、肢体不自由のある人の日常生活動作をサポートします。聴導犬は、聴覚障害のある人に生活の中の必要な音を知らせ、音源まで誘導します。

    2021年07月14日
    2,583 ビュー View
  • 【愛犬がモデルデビュー!】渋谷スクランブル交差点&道頓堀の大型ビジョンで、#愛犬強化宣言を届けよう

    純度100%のコラーゲンサプリ『Ta-Ta(タータ)』と、それと共に歩む人々が誓う『#愛犬強化宣言』。この誓いを、もっとたくさんの人に届けたい。そんな思いを込めて、キャンペーン『届けよう、#愛犬強化宣言』がスタート!

    選ばれた5頭の犬たちは、渋谷スクランブル交差点&道頓堀(大阪)の大型ビジョンでモデルデビューできちゃいます! 選ばれなくても大丈夫。全員参加型のモザイクアートも2つの大型ビジョンで流れますよ! どうか最後までお見逃しなく。

    2021年07月01日
    4,878 ビュー View
  • 【#愛犬強化宣言™️、はじまります】〜わたしたちがいま、誓うこと。〜produce by Ta-Ta〜

    そもそもわたしたちが求めているのは、愛犬のさらなる健康と長寿。もちろん長生きさえすればいい、というわけではないけれど、できるだけそばにいてほしい。

    わたしたちは愛犬のために、何ができるのか…15年目の答えは「現代の犬に不足しがちな栄養を補う」という、シンプルな足し算でした。

     

    今を生きるすべての犬たちへ。コラーゲンサプリ「Ta-Ta」がプロデュースする『#愛犬強化宣言™️』、はじまります。レトリーバーライフ限定の100円キャンペーンもご用意しています。どうか、最後までお見逃しなく。※100円キャンペーンは、現在終了しております。

    2021年05月19日
    21,821 ビュー View
  • 【取材】“グリーフケア”が運んでくれるハッピーエンディング。レトの心を置き去りにせず、元気なうちから『選択』する

    愛するレトリーバーとのお別れ。ハッピーエンディングを迎えるために私たち飼い主はどんなことに気をつけ、どんな風に振る舞えば良いのでしょうか。ペットロスになってからではなく生前から始まるグリーフケアに注目が集まっています。動物医療グリーフケアの第一人者であり昨年「犬と私の交換日記」を出版された獣医師の阿部美奈子(あべみなこ)先生にお伺いしました。

    2021年04月20日
    1,795 ビュー View
  • 【愛レトの気持ちになってみて】うちの子こんな性格だった?『シニアイヤイヤ期』の理由、接し方について考える

    パピーでも成犬でも、どんな時期だって可愛くて愛おしいレトリーバーたち。共に暮らしていくうちに以心伝心、困らせるようなこともしなくなって穏やかな日々が続いていたはずだったのに、なぜかシニアになったらちょっとだけ困ったちゃん? もしかしたらそれ「シニアイヤイヤ期」かも。

    2021年04月18日
    1,476 ビュー View
  • 【在宅ワークとレト】上手に向き合わないと大変なことになる。今こそ受けたい『愛玩動物飼養管理士』

    私たちは今、激動の時代にいます。中でも私たちの環境を大きく変えたのは、在宅ワークが主流になったこと。「愛レトと過ごす時間が増えて幸せ…」本当にこれだけでしょうか。行動診療の専門医によれば、2020年から犬の分離不安や問題行動(吠え・噛みつき)に関する問い合わせが増えているといいます。

    時代が大きく変わっている今こそ、改めて「犬との暮らし」を学ぶ必要があるのかもしれません。毎年約1万人が受講し、ペットのスペシャリストになれる『愛玩動物飼養管理士』とは?

     

    (sponsored by 公益社団法人 日本愛玩動物協会)

    2021年02月01日
    14,397 ビュー View
  • レトリーバー,Ta-Ta,タータ