レトリーバー健康

レトリーバーの健康を守るための知識などを紹介しています。 レトの健康維持はオーナに大きく委ねられます。日頃から知識を身につけておくことが大切です。

「健康」に関する記事一覧

  • 【レポート】 「その薬はなんのため?」獣医療からみる中医学(東洋医学)のすばらしさ。

    愛犬にはいつまでも健康で長生きして欲しいものです。私もそんな飼い主のひとりです。犬の平均寿命は確かに延びましたが、寿命だけではなく「健康寿命」を延ばしてあげたいと思っています。ではそのためにどんなことをしたらいいのでしょう?どんな選択肢があるのでしょう?今回は東洋医学とはどういうものなのかを知るために『愛犬と20年いっしょに暮らせる本』(さくら舎)の著者の星野浩子獣医師のセミナー、「動物にとっての幸せの選択~獣医療からみる中医学~」にお邪魔してきました。

    ※中医学とは中国の伝統医学です。それに対し東洋医学は日本流の考えが入っており中医学とイコールではありませんが、今回は東洋医学の考えも入っているため以後「東洋医学」という言葉で統一しています。

     

    2019年09月11日
    558 ビュー View
  • 【忙しいパパママへ】往診は飼い主にも犬にもストレスフリーで優しい医療

    ワクチン接種や健康診断など、病気ではなくても必ずお世話になるのが動物病院です。みなさんにもそれぞれ「かかりつけ」の病院があると思います。でも病気の時、シニアになった時、介護状態になった時などは通院すること自体が難しい状態になりかねません。そんな時助けてくれるのが往診をしてくれる獣医さんです。今回は西洋医学、東洋医学の両方を使って往診治療をしている丸田香緒里先生にお話を伺いました。

    2019年09月09日
    554 ビュー View
  • レトリーバーは留守番が苦手な犬種。ハッピーな留守番タイムを提供するためにしたいコト

    いつも誰かと一緒にいたいタイプのレトリーバーたちですが、愛レトはストレスなく留守番していますか? 工夫次第で、留守番タイムがそれほどさびしく感じなくなります。また、快適に過ごせるような環境整備も大切。ぜひ次回の留守番から、愛レトがストレスなく留守番できるように実践を。

    2019年08月18日
    1,225 ビュー View
  • 【レポート】熱中症対策セミナーで学んだ大切な命を守る方法 「このくらいなら大丈夫?」は絶対ダメ!

    毎年5月頃から話題となる「熱中症」。これほどまでにたくさんの情報が手に入り、注意喚起され、人の場合は自分で対策を取ることができるにもかかわらず年々患者数が増え続け亡くなってしまう方も後を絶ちません。そのようにとても危険な病気である熱中症、実は人間よりも犬の方がかかりやすいのです。それなのに犬たちは自分で対策を取ることができません。大切なレトリーバーの健康と命は私たちが守りましょう!今回は一般社団法人動物予防医療普及協会理事であり獣医師の安 亮磨(やす りょうま)先生が講師を務めた熱中症対策セミナーのレポートをお届けします。

    2019年07月27日
    1,954 ビュー View
  • レトリーバーと夏ならではの遊びに出かけたい!そんな時に注意したいこと。

    梅雨がやってくると日々のお散歩もままならなくなり、私たちもレトも気持ちや身体がすっきりしない日が続きます。ようやく梅雨が明けると本格的な夏!出かけられなかったストレスを一気に吹き飛ばすべく「さぁ、どこへ行く?」と、様々な計画を立てて実行していくのはとても楽しいものです。でも夏のおでかけはレトにとって楽しさと大変さが紙一重。場合によっては私たちがやりたいことを我慢する必要が出てくることもあるかもしれませんが、何はともあれレトファーストでいきましょう!

    2019年07月09日
    1,141 ビュー View
  • 雨の日のお散歩、みんなはどうしてる?〜かつて私が、雨でも嵐でも散歩に行かなれければならなかったワケ〜

    適度な運動、気分転換、様々な匂いを嗅ぐことによる情報キャッチ、そして「一緒に歩く」ことで生まれる飼い主とのコミュニケーション。お散歩には様々な効果があり、レトの健康な心身を保つための大切な習慣です。ですからできるなら毎日たっぷりと行ってあげたいものですが、なかなかそうはいかないこともあります。例えば雨の日。みなさんは雨が降っている時のお散歩ってどうしていますか?「行く?」「行かない?」「どの程度の雨で判断する?」など、雨の日の散歩について考えてみました。

    2019年06月30日
    1,097 ビュー View
  • 【密着レポート】鍼治療やオゾン療法で若さを保つ〜11歳のゴールデンレトリーバー・りんごくん〜

    みなさんは、ホリスティックケアについて関心はありますか? 今回は、愛レトの健康寿命を延ばすべく、獣医師に定期的にホリスティックケアを受けているというゴールデン・レトリーバーの飼い主さんに話をうかがいながら、ゴルのケアに密着しました。

    2019年06月29日
    839 ビュー View
  • レトリーバーをペットホテルや病院に連れて行くときの【必須アイテム6選】

    みなさんは愛レトを動物病院に連れて行ったり、ペットホテルなどに預けるときになにか持っていきますか? 愛レトが苦手な場所やさびしい思いをするかもしれない場所で、なるべく不安感なくいてもらいたいもの。そのために役立つアイテムを紹介します。

    2019年06月24日
    815 ビュー View
  • 【レポート】レトリーバーのセラピー活動に密着!〜笑顔を届ける犬たち〜

    穏やかで、人を喜ばせようとするレトリーバーの愛すべき性格は、アニマルセラピーの現場でも活かさせています。

    今回は、ゴールデンの訪問活動に密着。ますますゴールデン愛が深まりそうな活動の様子と、セラピードッグを育てた飼い主さんの声をお届けします。

    2019年06月21日
    2,120 ビュー View
  • 【別れと向きあう】大切なものを失ったとき、失いそうなときに生じる心の変化〜グリーフケアを学ぶ〜

    みなさんは「グリーフケア」という言葉を知っていますか? グリーフとは、直訳をすれば悲嘆という意味ですが、獣医師で動物医療グリーフケアアドバイザーの阿部美奈子先生によると、グリーフは「身近に存在する喪失体験による心情」だそうです。 今回は、阿部先生による“グリーフケアセミナー”( 2019年2月24日、東京都アニコムホールディングスで開催)のレポートを紹介します。 飼い主さん自身のため、愛レトのため、そしてまわりの人たちのためにグリーフケアを知っておけば必ず役に立つことでしょう。

    2019年06月05日
    999 ビュー View
  • 【取材】トリマーさんを愛レトの健康サポーターに!お手入れの基本も教えます

    「トリミングサロンに通っているレトリーバーってどのくらいいるのかな?」ある日ふとした疑問が浮かびました。私は現在トイプードルとオーストラリアン・ラブラドゥードルと暮らしているのでトリミングは必須なのですが、先代犬のゴールデンレトリーバーの時からサロンでのお手入れを習慣にしていました。自宅シャンプーが苦手であるということだけでなく、サロンには美容目的以外の大きな役割もあると思っているからです。そこで今回はゴールデンレトリーバーと15年暮らしてきたトリマーの萱沼五十鈴さんにお手入れの目的や方法と共にトリミングサロンの役割についてお伺いしてきました。

    2019年06月03日
    501 ビュー View
  • 【取材】 セラピー犬として活躍するレトたちと触れ合える施設で、究極の癒しタイム

    「あぁ、心やさしきレトリーバーと触れ合いたい」、「たくさんのレトリーバーに囲まれたい」。そのような人々の願いを叶えてくれる場所が、神奈川県にあります。実際に訪れてみると、そこは……。

    2019年05月28日
    1,717 ビュー View
  • 梅雨時にシニアレトが快適に過ごせるポイント5つ

    体の機能が衰えてくる老犬にとって、湿度の高い梅雨の時期は過ごしにくい環境です。そんなシニアレトの気持ちになって、快適に梅雨を乗り切れるように心がけてあげてください。

    2019年05月24日
    245 ビュー View
  • 【シニアのサイン】見逃さないための環境整備〜素敵なシニアレトライフを〜

    同じレトリーバーでも、老化現象のスタート時期には個体差があります。

    老化は病気ではありません。けれども、老化によって今までのように体が動かせなくなることで、愛レトはこれまでと同じような生活ができなくなることも。そのストレスで、ストレスが原因となる病気の引き金になる可能性があります。さらに、ぶつかったり転んだりするとケガを招く危険性もあります。

    飼い主さんが、愛レトの老化の兆しに早く気づいて環境を整えて、シニアレトの快適でストレスフリーな生活を提供してあげたいものです。

    2019年05月17日
    774 ビュー View
  • 【取材】ペットロスは当たり前の感情。大切なのは「幸せな今」と「正しい知識」

    レトリーバーとの毎日はとにかく楽しくて幸せがいっぱい!この時間が永遠に続いて欲しいから、お別れのことなんて考えたくはないのは当然です。でもその反面「もしその時が来たら自分はどうなってしまうのだろう」という漠然とした恐怖を抱えている人がたくさんいるのも事実。愛レトを前に「ペットロス」という言葉が頭によぎることもあるのではないでしょうか。そしてこの記事を読んでいる方の中には経験者さんも今現在その真っただ中にいるという方もいらっしゃることと思います。誰もが気になるけれど目をそらしたい問題「ペットロス」。今回はペットロスで悩んでいる方々のためのお話会を開催するなどして飼い主の心のケアをされている、獣医師でペットロスカウンセラーの宮下ひろこ先生にお話をお伺いしました。

    2019年05月14日
    2,555 ビュー View
  • 愛レトに付いたマダニは取らないで!正しい知識で予防と対策を

    春になるとマダニとノミの活性が高まります。あとで後悔しないように予防策は早めに講じて、マダニを遠ざける生活を! もしマダニを見つけてしまっても、安易に取り除くと危険なことも覚えておいてください。

    2019年05月10日
    712 ビュー View
  • レトの散歩コースは毎回変えるべき?より満足度のアップする散歩術とは

    みなさんは散歩コースを毎回変えていますか? 散歩はレトリーバーたちにとって、最大の楽しみ。おそらくは多くのレトにとって、毎回違うほうが楽しいのではないでしょうか? 愛レトはどんなタイプかを探りつつ、散歩について再考してみましょう。

    2019年05月08日
    816 ビュー View
  • 【人のてんかん発作を予知】介助犬レトリーバーの話〜書籍『働く犬たち』より〜

    ゴールデンレトリーバーのウィリーは、てんかんの発作を予知して、発作が起きた際の対応をする、アメリカで有名な犬でした。今回は、『働く犬たち』(M・ウェイズボード/K・カチャノフ著、佐倉八重訳、2003年、中央公論新社)より、ウイリーのストーリーを紹介します。レトリーバーのすばらしさを、あらためて実感できるに違いありません。

    2019年05月03日
    442 ビュー View
  • 熱中症は5月から要注意!油断せずに予防しよう

    レトリーバーは短頭種じゃないから熱中症はそれほど心配ないと、油断していませんか? 熱中症はどんな犬種もかかる可能性があります。暑さに体が慣れていない5月ごろから、熱中症で動物病院に運び込まれるレトリーバーが増えてきます。さぁ、気を引き締めてすぐにでも予防対策を!

    2019年05月01日
    1,385 ビュー View
  • 【疑問を解説】レトリーバーの耳は、なぜ垂れているの?

    犬には垂れ耳と立ち耳、があります。レトリーバーと名の付く犬種は、すべて垂れ耳。その理由を知れば、なるほどと納得できることでしょう。レトを愛するみなさんのために、マメ知識を紹介します。

    2019年04月29日
    1,188 ビュー View