2020年1月8日6,732 ビュー View

雨の日は哀愁が強すぎる…ラブラドールの『雨と雪の日』のテンションの差が、ハンパない件。【動画あり】

「散歩に行けない」などの理由から、犬たちにとって雨の日は退屈以外の何ものでもありません。しかし、打って変わって同じ悪天候とも言える「雪」の場合は…わかりやすく大はしゃぎしちゃっているようですよ。今回は、そのオンオフが激しすぎる彼らの様子を見比べてみましょう。どうぞ、あらかじめ「素直か!」とツッコミの準備をお願いします。

哀愁が強すぎる

こちらは、ラブラドールのオリオンです。お部屋の窓から、今日は外が雨だということに気付いたのでしょう。

あからさまにしょんぼりとしているようで、強めの哀愁が放たれています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

りょうこ(@margeryryoko)がシェアした投稿 -

 

「雨やん…お外行けないやん…」

もう、そんな感情がしっかりと聞こえてきますね。

 

もはやコラージュされたかのようなこのショットは、恐縮ながらジワジワきてしまいます。

 

オーナーさんによると、どうやらお庭で昼寝がしたかったよう。

それだと、雨が上がったとしても乾くまではお昼寝は出来ないから、まだ先になりそうでだね…。

 

いい加減にしてくれ〜

こちらはラブラドールのマイロ。普段雨だけであればお散歩に行くようですが、この日は台風。それは危険と言うことで、お家の中でこの通り、わかりやすくつまらなそうにしています。

 

すると、オーナーさんもマイロも暇だったようで…

 

「ビローン」

 

オーナーさんは、床に突っ伏して、無気力になっていたマイロのほっぺで遊び始めました。

 

いくら暇だからとはいえ、マイロは……おやおや、思いの外受け入れましたよ。

 

しかし、ビローンが続けられると、「いい加減にしてくれよ~」ばかりにゴロン。

 

さすがに、何度も何度も受け入れるほどの楽しいテンションにはなれなかったようです。

 

ああ、早くお外に行けるといいね〜マイロ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Milo and Kinako and Ethan(@milokinakoethan)がシェアした投稿 -

 

超絶楽しそう…!

もはや、同じ犬種とは思えないほどに、雪の上で元気よくゴロンゴロン無邪気な姿を見せるコチラのラブラドール。

 

見てください。これはもう、無防備すぎますね。

 

そして、お得意の雪パクパクで水分補給をして…

 

浴びた雪を振り落とすようにブルンブルンして、さぁまた仕切り直し!

 

最初にご紹介した、強い哀愁を放ったオリオンとの差が凄すぎます…。

 

なんと言う素直な生き物なのだ…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Samuel&Oliver(@samuel_and_oliver)がシェアした投稿 -

 

スローだと、なお楽しそうなことがわかる

こちらは、ふりしきる雪の中で、大量に積もった大雪の上を全力で駆けていくラブラドールの、スロー動画です。

 

お耳を振り乱し、笑顔を振りまき、高いジャンプで…って、簡単にいえば「興奮MAX」といったところでしょう。

 

このヤンチャな笑顔には、「ウッヒョ〜」としかアテレコ出来そうにありません。

 

本当に、感情がわかりやすい犬…それがラブラドールなのです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Logan Chipotle Hart(@lothelab)がシェアした投稿 -

 

ラブラドールたちの、まるで人間の子供のように素直な行動や表情は、本当に何度見ても飽きませんね。

 

わかりやすいが故に、こちらもまた愛らしく、いとおしく感じてしまうのですよね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「ヤな予感するぞ…」不穏な空気を感じ取り、感情がモロに顔に出たラブラドールが素直かわいい【動画あり】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • オリジンジャパン,フード,レト