2021年5月16日11,940 ビュー View

「へ?」自分だけお留守番だと知ったラブラドール。その瞬間おもちゃをポトリ…反応がピュア過ぎて泣ける【動画】

今回は、とある感情があまりに態度に出すぎたラブラドールをご紹介。それは、自分がお留守番することを悟った時の「寂しさ」。根っからの甘えん坊である彼らはもうあからさまにしょげて切ない顔を見せ、一気に意気消沈するのです。その姿が……ゴメンめちゃくちゃ可愛いよ!

全ての元気が消失…しっかり拗ねちゃった

まず最初は黒ラブのしーちゃん。

 

この日はなんと、しーちゃんがオーナーさんの家で暮らすようになってから初めてのお留守番なのです。

 

オーナーさんが家を出るときはケージへ入ることになるのですが、入るとすぐにそのことを察したよう。

 

その時の姿をご覧ください。

 

「……」。

 

しっかりと拗ねていますね…。

 

普段のラブの、モーレツな元気はどこへやら。

今にも「ふーん、お出かけするんだ…」という寂しい声が聞こえてきそうです。

 

お留守番はかわいそうだけれど、この切なげな表情もまた可愛いもの。

 

さらには、拗ねてしまうほどオーナーさんのことが好きだと伝わって、しーちゃんには申し訳ないけれど、どうしても愛くるしく思えてしまうのです。

 

「え、ぼく、お留守番…?」

お次は、チョコラブのアンディです。

 

今はおもちゃを咥えながらオーナーさんに近寄っていますが、いつものように遊んでくれません。

 

そんな態度に戸惑っていると、「アンディ、今日はお留守番よろしくね」とピシャリ。

 

一番聞きたくないであろう言葉を投げかけられたのです。

 

その言葉を聞き、まさかの状況を悟って絶句するアンディ。

 

「へ…? お留守番…?」なんて悲しみの声が聞こえてきそうなほど切ないお顔になってしまいました。

 

そして、咥えていたおもちゃを力なくポトリ。

 

もはや漫画のような意気消沈ぶりには、これまたゴメンと思いつつも可愛さが込み上げてきます。

 

お留守番が苦手だとわかれば極力避けてあげたいものですが、この切ない姿を見るとまた愛おしく思えてしまうのはオーナーあるある。

 

なるべく早く帰ってきてあげてくださいね、オーナーさん!

 

どの子もあまりにわかりやすく元気を失っていましたね。

 

オーナーとの時間が犬生の至福と感じてくれている、優しくて健気なラブラドールたち。

 

お留守番は寂しいかもしれませんが、その姿を見てまた改めてまた、強く愛したいと思えるもの。

 

そして、こうやって我々も、また彼らを愛すきっかけになるのです。

 

やっぱり、ラブラドールって最高ですね!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「……。」叱られて拗ねたラブの哀愁がすごい…何度呼ばれても頑なに聞こえないフリとか、素直すぎてたまらん【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • レトリーバー,Ta-Ta,タータ