2019年4月8日1,434 ビュー View

【レトも楽しめない】自転車散歩は危険!罪になるケースも

レトリーバーは豊富な運動量が必要なので、長距離を走らせてあげようと、飼い主さんが自転車に乗って愛レトを散歩させているというケースもあるでしょう。でも、ちょっと待って。法律上、それはアウトの可能性があります。それに、愛レトにとっても安全とは言えません。

自転車散歩をしているレト仲間にさりげなく注意する方法も、頭に入れておきたいものです。

愛レトの体を傷める可能性がある散歩法

レトリーバー,自転車

gorillaimages/shutterstock

レトリーバーは運動欲求の高い犬種です。とくに、一説によるとラブラドールはゴールデンの5倍以上の運動量を必要とするとも言われています。

 

そこで、愛レトのために自転車で散歩をするというアイデアを思いつく飼い主さんも少なくないようです。

 

ところが獣医師に聞くと、自転車による散歩が原因で頚椎をねんざしたりして受診する大型犬が少なくないとか。

 

自転車に乗った飼い主さんと走ったり歩いたりしていても、レトたちはうんちがしたくなったりして、急に立ち止まることがあるでしょう。その際に、自転車がレトと同じタイミングでストップしないと、首をグキっとやってしまうのです。

 

歩みが遅くなって自転車に引っ張られている状態が日常的に続くと、頚椎ヘルニアの原因になる可能性もあると獣医師は指摘します。

 

首だけでなく、背骨や四肢に負担がかかる可能性も否定できません。

 

自転車が停車できなかった場合、愛レトが地面に引きずられてケガをしてしまう危険性もあります。

 

そう考えると、自転車散歩は愛レトの健康を損ねるかもしれないハイリスクな散歩法だと言えるでしょう。

 

もしかして自転車散歩は楽しくないかも

レトリーバー,自転車

Rabbitmindphoto/shutterstock

愛レトにたくさん運動させてあげられるというメリットが、自転車散歩にはあります。ただし、前述のとおり愛レトを危険にさらしてしまうのも事実。

 

そのうえ、歩調を自転車に合わせなければならないので、場合によっては走りたくなくても走らねばならず、自由ににおい嗅ぎもできず、愛レトとしては自転車での散歩が楽しめないどころか、苦痛に感じているかもしれません。

 

もしかすると、たくさんの運動量を確保できたと満足しているのは、飼い主さんだけという可能性も……。

 

実際に、欧米では自転車散歩の犬をまず見ることがありません。それどころか、「自転車に引かれて散歩している犬がいる」と、アニマルポリスなどに通報されてしまうケースも多いとか。どうやら欧米人の感覚では、自転車散歩は動物虐待に当てはまるようです。

 

条例違反や法律違反に当たる!?

レトリーバー,自転車

oradige59/shutterstock

2015年6月から、改正道路交通法が施行されました。これによって自転車の道路交通法違反に対する取り締まりが強化されています。

 

犬を引いての自転車運転は「危険運転」に該当するケースがあります。

 

そもそも、自転車は法律上、車両扱いです。そのため、人が歩きながら自転車を押している場合を除いて、通常は車道を使用するという決まりがあるのです。

 

けれども犬は車両ではないので車道を歩くことはできません。ここに矛盾が生じるのはおわかりかと思いますが、犬を引いて歩道を走る自転車も、自転車に引かれて車道を走る犬も法律上あり得ないというわけなのです。

 

ただし、歩道に「自転車通行可」の道路標識や道路標示がある場合や、歩道に「普通自転車通行指定部分」の道路標示がある場合などは、例外として自転車が歩道を通行することが認められています。

 

また、私道には法律が適用されません。そのため、自転車散歩をしている犬を実際には見かけることになるでしょう。

 

結論として、公道を自転車で犬を引いて走ることは「道路交通法違反」になるというのは、まぎれもない事実なのです。

 

また、自転車に引かれている犬は、飼い主さんの予測できない動きをすることがあります。なにかに驚いて逃げたくなったり、ほかの犬を見つけて近づきたくなったりしたときなどでしょうか。

 

そのとき、歩行者にぶつかって歩行者をケガさせてしまう恐れもあります。

 

そうなると、自転車に乗っていた飼い主さんは「業務上過失傷害罪」に問われてしまいます。この罪に対しては、5年以下の懲役、禁固、または50万円以下の罰金が科せられます。

 

当然、ケガを負わせてしまった被害者に対して、治療費や通院費などを支払わなければなりません。持ち物を破損してしまった場合は、弁償する必要もあります。

 

愛犬のコントロールをしにくいという点でも、自転車散歩はとても危険だと言えるでしょう。

 

もし、身近に自転車散歩をしているレト仲間がいるようであれば、「犬を引きながら自転車に乗るのは道路交通法違反になるみたい」と、さりげなく教えてあげてください。

 

愛レトをたくさん運動させてあげるには

レトリーバー,自転車

Zayats Svetlana/shutterstock

自転車散歩という手段ではなく、散歩中に愛レトにたくさん運動をさせてあげるならば、公園でのロングリードがおすすめです。

 

もちろん、ほかに公園を利用している人に迷惑をかけたり、ロングリードに足を引っかけてケガをさせてしまったりしないように細心の注意を忘れずに。

 

なるべくならばあまり人がいない時間帯の公園を狙い、ロングリードを愛レトにつけてボール遊びなどをしてあげるのがよいでしょう。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

“愛レト”を交通事項から守るための5カ条

 

臼井京音 プロフィール

ドッグライター・写真家として約20年間、世界の犬事情を取材。30歳を過ぎてオーストラリアで犬の問題行動カウンセリングを学んだのち、家庭犬のしつけインストラクターや犬の幼稚園UrbanPaws(2017年閉園)の園長としても活動。犬専門誌をはじめ新聞連載や週刊誌などでの執筆多数。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧