2019年12月8日8,962 ビュー View

(チラッ…)階段に鎮座する“猫さん関所”が突破できないラブラドール。勇気を振り絞るも…結局猫パンチに処される【動画】

同じ家に住んでいても『どうしても苦手』と感じるきょうだい分はいるようです。今回ご紹介するラブラドールは、一緒に住む猫さんが苦手。とくに、階段にいられると勇気が出なくて困り果ててしまうようです。もろに伝わるその困った表情に注目して、その行方をご覧ください!

階段を上りたい…のだけれど。

階段を上りたいラブラドールは、階段の途中に同居猫の姿を見つけました。

 

猫が座っている位置が真ん中ヨリなので、少々邪魔なのでしょうか。

途中で止まっています。

 

どうぞ、ラブの表情にご注目ください。

 

眉間にシワをよせ、どうみても困ったお顔をしています。

 

実は、この猫さんが鎮座していることにより、怖くて階段が上れず困っているみたいです。

 

猫さんを「チラッ…」

画面向かって右側には、ラブ1頭分のスペース程度は空いています。

 

だから、本来であれば気にしなくても通れるはずですね。

 

しかしこのラブは、たとえスペースに余裕があったとしても、一歩を踏み出す勇気が出ないのです。

 

様子をうかがうようにチラっと猫さんを見て、「この子がいるから怖くて通れません」と撮影するオーナーさんに目で訴えています。

 

「だから〜猫さんが〜!」ジタバタしてみる

さて、ここでラブの煮え切らない気持ちが行動で表されます。

 

なんと、ラブは引き続き困り顔を見せつつ、前足を何度もジタバタさせ始めたのです。

 

『通りたいけど、通れない。助けてほしいのに、助けてくれない』

 

そのような、激しくもどかしい感情がこのジタバタに込められているのでした。

 

勇気を出して…GO! あぁ怖いぃ!

しかし、まるで何も起きていませんとばかりに無を貫く猫さん。

 

かたくなに移動しないその様子からさすがのラブも悟ったのか、「もうこのままではずっと上れないままだ」と思ったのでしょう。

 

ついに勇気を出して猫さんの横を通る決意をしました!

 

「ス、スタタ…」

 

大型犬のラブラドールですが、もはや小さくなっている気持ちでいるのではないかと思える様子で壁際に沿い、なるべく猫さんに気づかれないようにしながら意を決しました。

 

頑張れ、ラブラドール!

勇敢な君ならできるよ!

 

一番恐れてたヤツ。

さあ、無事に通過できたかな……と思われたその瞬間!

 

ガーーーン!

 

ラブの気持ちなんて全く伝わっていないのか、むしろ伝わっていてあえてやっているのか、猫さんからは痛烈なパンチが繰り出されました。

 

「ほらねー! これが怖かったの〜!」

 

ラブの眉間には、もはやこれ以上寄らないのではないか、と思うほどの大きなシワが…。

 

結局最後は怖い思いをしてしまいましたが、自力で勇気を出したことはエラかったよ!

頑張ったね!

 

ラブの困った表情は、かわいそうですがとてもかわいかったですね。

 

犬たちは困ると、このように表情でオーナーさんに訴えることがあります。

そして困った原因の対象をちらっと見ることも。

 

もし愛ラブが困った表情をしていたら、ちゃんと「どうしたの」と声をかけてあげましょう。

 

そうすると、「実は…」とでも言いたそうなお顔で、チラチラと何かをみながら嫌なことを教えてくれるでしょうからね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「ムリムリムリッ!」低すぎるベンチに登るのも怖いゴールデンの子犬。結末にも爆笑【動画3本】

いいなと思ったらシェア

  • レト,愛玩飼育管理
    レト,愛玩飼育管理

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • レト,ジアイーノ
    レト,ジアイーノ