2020年2月17日14,905 ビュー View

これで全部です…こっそりポテトをお口に収納していたラブラドール。問い詰められて白状する姿が素直すぎ【動画】

犬も、一緒に暮らしていれば何をしたら怒られるかが分かってきます。例えばイタズラを問い詰めると、露骨に目をそらしたり、バツが悪そうに逃げたり…。その姿が大変素直でかわいらしく笑えてくるから、怒れなくなるということもしばしば。今回はまさにそんな光景をご紹介します。

ラブに質問するオーナーさん

部屋でくつろいでいる1頭のラブラドール。横たわってリラックスしている…かと思いきや、なんだか表情がこわばっているようにも見えます。

 

オーナーさんはこのラブラドールが何をしたか見当がついているようで「口の中に何を隠しているの、ベイビー」と投げかけます。

 

なるほど…緊張の面持ちの理由が分かりましたね。

 

シラを切ってみようかな…

ここからは、オーナーさんとラブラドールの戦いです。

 

オーナーさんは白状させたいので「何を入れているの?」と再度問い詰めます。

 

しかし、ここで負ければせっかく口に入れたものを取り上げられてしまう。

 

ラブラドールも必死でシラを切ろうとしています。

 

そっと目をそらし、聞こえないフリ作戦です。

 

質問をやめないオーナーさん

とぼけようとするラブラドールに対し、攻撃の手をゆるめないオーナーさん。

 

再び「何を入れているの?」という質問を。

 

とにかく、どうしても白状させたいオーナーさん。

 

ときに「いい子ね」とほめてアメとムチ作戦を使い巧妙にラブラドールを追い込みます。

 

すると…

 

ついに「吐いた」

オーナーさんが説得をしている最中、ラブラドールがじっとオーナーさんをみつめました。

まるで「怒らない…?」と懇願するような表情です。

 

これは自白までもう少しでしょうか!

 

すると…

 

(ポトポトポト…)

 

ついに、自分がした悪事を字の如く「吐いた」のです。

 

ラブラドールの口の中から出てきたのは「Tater Tots」というポテトのおやつ。

 

その数なんと9個。

 

まさかの数にオーナーさんもビックリです。

そして、ラブラドールは最後になぜかドヤ顔を見せます。

 

いやいや、自慢することではないぞ…。

 

最終的にすべてを吐き出してくれた、とてもいい子のラブラドールでした。

 

みなさんも愛ラブと生活していて、似たような経験があるのではないでしょうか。

この素直で分かりやすい感じが、愛おしくてたまらないですよね。

 

しかし、誤飲の危険性とは隣り合わせ。

 

くれぐれも彼らの行動には気にかけていましょうね!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「コレ誰がやったの!!」イタズラのお叱りを察知し、シラを切っているゴールデンの様子がコチラです。【動画あり】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • オリジンジャパン,フード,レト