2020年5月10日1,589 ビュー View

「もう…おっぱい飲んでて」ママと遊びたいラブラドールパピー。そのしつこさに、お疲れママが飼い主にヘルプした…【動画】

今回、ラブラドールのママとそのパピーが主人公。パピーはママのことが大好きでどうにか遊んでもらおうとしますが、ママはちょっとお疲れ。そんなママは我が子に対しどんな対応をしたかというと…最終的にはオーナーさんに助け舟を求めたとか!?

ママと遊びたいパピーがじゃれる

ラブパピーのSofieはママのことが大好き。ご覧ください。

 

(アグアグ…)

 

ママのDaisyにじゃれついて「ママ、遊んでよ〜!」と言っています。

 

パピーは、どの子もみんなママが大好きですからね。

 

「もう…おっぱいでも飲んでなさい」

しかし、ママのDaisyはちょっとお疲れ気味。

だってパピーの育児は大変ですから。

 

今はSofieと遊ぶ余裕が無いようで、Daisyはこんな行動を取りました。

 

(ゴロン)

 

おもむろに横になって、おっぱいをSofieのほうに見せます。

 

「もう、おっぱいでも飲んでおとなしくしていなさい!」と言っているのでしょう。

 

そううまくは行かないのが子育て。

しかし、Sofieはおっぱいが飲みたいのではなく、ママと遊びたいのです。

 

だから、ママがゴロンとしても…

 

(アグアグ!)

 

Sofieはママのお顔にちょっかいを。

 

「ねぇママ起き上がってよ、遊んで〜」なんて聞こえてきそうな動きで、なんとか起こそうと必死。

 

ママはもう、疲れちゃいました…

パピーのしつこい遊びのお誘いに、Daisyはもうギブアップ。

 

動画最後のDaisyのお顔をご覧ください。

 

「こりゃだめだね」。

 

オーナーさんに、まるで「ヘルプです…」と言っているような顔つきに。

 

猫の手ならぬ、人間の手を借りたくなってしまったママなのでした。

 

ラブパピーのママ愛が伝わると同時に、子育てが大変そうなママのお疲れ具合も同時に伝わってきましたね。

 

ママ犬は、パピーが小さい時期は母性本能で何もかもパピーを優先しがち。

そのため育児疲れをすることがあるのです。

 

もしもみなさんの愛ラブがパピーのお世話でてんやわんやになっていたら、オーナーさんが今度は親として労ってあげてくださいね。

 

オーナーからの愛情を受けたら、きっと子育ても頑張れるはずですから!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「どうしたでちゅか…」赤ちゃんが泣くと急いでママに知らせに行く、親心にあふれた優し過ぎるゴールデン。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • オリジンジャパン,フード,レト