2020年8月30日137,881 ビュー View

「別に…」階段を踏み外したことがショックで立ち直れないラブラドール。飼い主にも無反応、猛烈に拗ねる…。【動画】

今回は「超」拗ねてしまったラブラドールたちをご紹介。感情がそのまま表情に出てしまうことで有名な彼ら。もうはっきりと「拗ねています」とお顔に書いてあるのでした。理由もまたとにかくささやかなもので、可愛くって仕方がないわ!

その品は…「元」キリンさんです。

主役ラブはMuckさん。この日はソファで、黄色いロープをご機嫌にカミカミ中。

だいぶボサボサっとしていることからよほどお気に入りなのでしょうね。

 

大きな前脚で小さなおもちゃを押さえ、カミカミする姿は本当に愛らしいもの。

夢中になっているところもまたキュンときます。

 

しかしここで問題発生。

何やらオーナーさんが怒っているようです。

 

その理由を聞いてみると…「どうしてキリンさんをそういう風にしちゃったのか」と言うもの。

 

そうです、単にロープトイだと思われたおもちゃはもともとキリンさんの形をしていたのでした。

 

ボサッとしているこのおもちゃが、元々キリンだったのですね…。

 

もはやその色だけしかキリンらしさは残っていません。

そのことを怒られて、わかりやすく拗ねていくMuckさん。

 

その後みるみるお顔が曇っていき、カミカミは終了。

そのまま伏せてオーナーさんを見つめます。

 

完全に理解していることがわかるだけに、この姿はなんだか切なくなる…!

 

おもちゃは破壊するもの…それが彼らの職業ですから、このような状態になっても仕方がないでしょうね。

 

とは言え、素直にしゅんとした仕草には、母性がやれらてしまいました…。

 

もはや、心ここに在らず。

お次は同じお名前のラブ・ムックのご紹介です。

 

ムックと一緒に暮らしているのは黒ラブのラムさん。

動画は、階段前で一緒に駆け上がる瞬間から始まります。

 

まずは、ラムさんがダッシュで駆け上がりました。

それに続くようにムックも走り出します。

 

やはり大型犬、段差を物ともせずワイルドに体を揺らしてのぼっていく姿はカッコイイ!

 

…と言い切りたかったのですが、途中で踏み外してズコッ。

少しだけお恥ずかしい姿を見せてしまいました。

 

とは言えその後上りきり、みんな仲良く2階で過ごしましょう…と思った矢先に映されたムックさんの姿がこちら。

 

「……」。

 

見事なまでに、しっかりと拗ねています。

 

どうやら、さっきのお恥ずかしシーンが心に引っかかってしまったようなのです。

 

その後何度名前を呼ばれても無反応を決め込み、体をポンポンされても、まるで置物のようにビクともしないのです。

 

途中「チラ」と視線だけを向けるものの、反応といえばそれだけ。

 

どんだけ深く傷ついちゃったのさ…!

 

わかりやすすぎるラブの拗ねシーンをご紹介しましたがいかがでしたか?

 

理由こそささやかなもので、そこまで拗ねちゃう? と思えましたが、そんなところが愛すべきところ。

可愛すぎて、どうしたって憎めませんよね。

 

やっぱりラブラドールとは『大きな体で子どもの心』を持つ、最高に愛らしい存在ですね!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

(アガッ…)咥えた枝で“セルフ通行止め”中のラブラドール。おドジなんだから!…では終わらぬ驚きが待ってた!【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • オリジンジャパン,フード,レト