2019年2月6日452 ビュー View

3種のフードを使い分けるスゴ技。ウェット、ドライ、セミモイスト

ドッグフードには、ウェットフード、ドライフード、セミモイストフードがあります。それぞれの特徴を活かして、それらを愛レトの健康状態や生活シーンによって巧みに使い分ける技をお教えします!

この記事のタイトルとURLをコピー

ドライフードとウェットフード、どちらがよい?

レトリーバー,フード

Chendongshan/shutterstock

ドッグフードには、主に3タイプがあります。

 

ドライタイプとウェットタイプ、それに前者2タイプの中間に位置するセミモイストタイプです。

 

犬に必要な栄養素がすべてバランスよく含まれている「総合栄養食」を選んでいれば、どのタイプを与えてもかまいません。

 

愛レトにはどのタイプをどのような方法であげていますか?

 

ウェットフードとドライフードにはそれぞれに異なったメリットがあるので、頭に入れつつ愛レトのベストマッチを生活シーンに合わせてチョイスしてあげてください。

 

ウェットフードのメリット

レトリーバー,フード

Nicole Lienemann/shutterstock

水分の含有量が多い

ウェットフードの最大のメリットは、水分の含有量が高いこと。水分の摂取量が足りないと、尿路結石症や腎臓の病気などのリスクが高まります。そのため、水分を積極的に摂取するにはウェットフードがベスト。

 

ドライフードと同じ量を食べても低カロリー

水分の含有量が多いということは、ドライフードと同じ量を食べても摂取カロリーは低く抑えられます。商品による差は生じますが、一般的なウェットフードはドライフードの1/4ほどのカロリー。そのため、ダイエットが必要なレトには、少ない量で満腹感を得られやすいので最適と言えます。

 

においが強い

ドライフードと違って乾燥させていない分、また、できたてをすぐに容器に密閉している分、肉や魚などの素材のにおいを強く感じるのがウェットフードの特徴です。おいしそうなにおいから食べたいという気持ちをかき立てるので、食欲が落ちているレトにおすすめ。

 

消化がよい

ドライフードよりもウェットフードのほうが消化がよいので、子犬や老犬、さらに病中病後のレトにはウェットフードが向いています。歯周病で抜歯をしてしまったレトにも、噛まないですむので食べやすいでしょう。

 

ドライフードのメリット

レトリーバー,フード

Jaromir Chalabala/shutterstock

ウェットフードよりもお財布にやさしい

ウェットフードよりもドライフードのほうが経済的なことが、一般的にドライフードをメインにしている飼い主さんが多い理由だと考えられます。

 

栄養価が高い

総合栄養食のドライフードは、栄養価が高いので育ちざかりの子犬に与えるにはぴったりです。とくに子犬にマッチするように高カロリー・高たんぱくに作られたパピー用フードは、効果的に栄養を摂取できます。食の細いレトに与えるにも、少ない量で豊富な栄養を摂れるので向いているでしょう。

 

いつでもどこでも与えやすい

文字通りドライなフードなので、飼い主さんがフードポーチに入れて気軽に持ち運びができ、外出先でもどこでもすぐに与えられます。

災害時にも、持ち運びがしやすく開封後の保存性が高く、ウェットフードのように多量に与える必要がないので重宝するでしょう。

 

あごを鍛えられる

ドライフードは硬いので、レトはカリカリと噛んで食べなければなりません。(噛まずに丸飲みしてしまうレトもいるかもしれませんが……)。そのため、噛むことであごの筋肉を鍛えることができます。さらには、噛むことが脳へのよい刺激になるとも言われているので、認知症の予防に役立つ可能性もあるでしょう。

 

歯垢を取ることができる

こちらもドライフードを丸飲みしてしまうレトには当てはまりませんが、噛んでいる最中にドライフードの粒が歯の表面にあたることで、歯垢が取れやすくなると言われています。もちろん、ドライフードを与えるだけでは歯周病予防には不十分なので、歯ブラシでの歯磨きも忘れずに。

 

ミックスフーディングで肥満予防や水分補給を

ミックスフーディングを知っていますか? 

これは、ドライフードにウェットフードを混ぜて与える方法です。

 

ドライフードをメインに与えているレトリーバーに、ウェットフードを混ぜることで、以下のメリットがあります。

 

水分を補える

ドライフードだけでは不足しがちな水分を、ウェットフードを混ぜることで補えます。

 

乾燥している冬や、熱中症になりやすい夏などに、食事からの水分補給をさせるようにしてもよいでしょう。

 

摂取カロリーを少なくできる

ウェットフードだけの食事では経済的な負担がかかりますが、ドライフードにウェットフードをトッピングとして多めに使用すれば、愛レトの満腹感を損なわない食事を提供してあげられます。

 

肥満気味のレトやダイエットが必要なレトには、おすすめの食事法です。

 

セミモイストフードはトレーニングのトリーツにも最適

レトリーバー,フード

Agustin Va/shutterstock

ウェットフードとドライフードのちょうど中間に位置するのが、セミモイストフード。セミモイストフードのよいところは、ドライフードよりもにおいが強いこと。

 

また、ウェットフードのように水分量が多すぎないのでべちゃべちゃとせず、トリーツポーチなどに入れて持ち運んでも問題ありません。

 

そんなセミモイストフードの総合栄養食は、トレーニングのごほうびとして最適です。栄養バランスに優れていて、愛レトの1日のフード給与量を計算しやすいという利点があるからです。

 

ウェットフード、ドライフード、セミモイストフードを上手に使い分けながら、愛レトにバラエティ豊富でヘルシーな食生活を提供してあげたいものです。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

旅行や帰省中はペットシッターさんにレトの世話を依頼しよう〜同行レポ〜

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事