2019年2月25日1,368 ビュー View

犬も花粉症になる!レトリーバーの花粉症対策を始めよう

犬にも花粉症はあります。人間とは少し異なるその症状を知っておくのと同時に、早めに対策を講じて、愛レトのつらさを軽減させてあげたいものです。今回は、「うちのレト、もしかして花粉症?」と思っている飼い主さん必読です!

犬の花粉症の症状は?

レトリーバー花粉症

c3cinema/shutterstock

くしゃみ鼻水、人によっては咳、そして目のかゆみが人間の花粉症の主症状です。ところが犬では、呼吸器に花粉症の症状が出るケースはそれほどいないとか。

 

では、愛レトが花粉症かどうかはどうやって判断するのでしょうか?

 

その答えは、ズバリ、愛レトが体をかいていないかどうか。実際に2月前後の花粉が飛散する時期になると、あらゆる部位の皮膚の炎症で来院するレトリーバーが少なくないと、獣医師は口をそろえます。

 

とくに、脇の下や内股の付け根、耳には炎症が起こりやすい部分。けれどもほどんとの場合で飼い主に告げられる診断名は「花粉症」ではなく、「花粉がアレルゲンと疑われる、アレルギー性皮膚炎」でしょう。

 

アレルゲンを探る血液検査をすると、確かにスギやヒノキやブタクサなどのアレルゲンが明らかになるレトリーバーもめずらしくありません。

 

もうひとつの犬の花粉症の症状は、胃腸症状です。花粉シーズン到来後に軟便が続いているとしたら、花粉をアレルゲンとするアレルギー症状かもしれません。

 

人間と同じように、目をかゆがるレトリーバーもいます。前足で目をこすったり、目ヤニが増えることなどで、飼い主さんは気づくでしょう。

 

アレルゲンに反応して作られる物質が体内に蓄積され、その個体の許容量をオーバーすると発症するのが、アレルギー疾患。

 

ある年から急に花粉症になってしまった人が身近にいるかもしれませんが、犬も同様で、いきなり予兆もなく発症してしまいます。また、一度発症してしまったら、ほぼ毎年発症すると覚悟してください。

 

すでに昨年、愛レトが花粉症だったと疑われる場合や、アレルゲンとして花粉が判明している場合、花粉シーズン到来前から花粉に接触しにくくなるような環境を整備しておきたいものです。

 

花粉トラブルを生じにくくする工夫

レトリーバー花粉症

Trudie Davidson/shutterstock

花粉シーズンに役立つアイテムは、いざ必要になったときに入手できなければ愛レトの花粉症を悪化させる恐れもあるので、今のうちから揃えておきたいものです。

 

1)花粉に有効な空気清浄機を配備

どんなに気をつけても、室内には花粉が入ってきてしまいます。そこで、花粉除去機能のついた空気清浄機を稼働して、花粉の季節には愛レトが接触する花粉の量を少しでも少なくしてあげたいものです。

 

人間も犬も同じで、なにかひとつにアレルギー反応が出ているときは、ほかの物質にも敏感に反応しやすいと言われます。ふだんは反応しないハウスダストやホコリなどにも、花粉の季節だけ反応を示すことも。花粉やハウスダストを除去できる空気清浄機を今のうちから購入して、花粉の季節に備えましょう。

 

2)花粉をくっつけない洋服を用意

花粉の季節には、花粉が付きにくい素材の服を愛レトに着用させて散歩に出るのがおすすめ。洋服を着用せずに外出すると、レトリーバーの被毛にはどうしても花粉が付着してしまい、自宅に花粉を持ち帰ることになってしまうからです。

 

洋服の素材は、レインコート用に使用されているナイロン素材などの化繊が最良と言えます。綿素材でも、もちろん着て出かけないよりは着たほうがよいでしょう。散歩から帰宅したら、玄関前で服を脱がせ、付着した花粉を愛レトから少し離れたところではたいてください。

 

ちなみに、ブラッシングをしても花粉を取り除くのは困難なのと、ブラッシングによって生じる静電気がかえって花粉を吸い寄せてしまう恐れがあるので、花粉対策としてはブラッシングよりも花粉を皮膚に寄せ付けない洋服着用がベストです。

 

3)腸内環境を整えたり適度な運動をさせる

レトリーバー花粉症

Pirunpon/shutterstock

人間の花粉症でも、寝不足や体調不良などで免疫力が下がっているときは、症状がより出やすくなることが知られています。花粉などのアレルゲンと戦える健康なカラダを維持するために、まずは愛レトに適度な運動をさせて体力維持を目指し、十分な睡眠をとらせてください。

 

さらには、腸内環境を整えて花粉に備えるのもポイントです。腸内は、病原菌やウイルスなどを撃退する“免疫細胞”が集結している場所。その環境を整えれば、免疫力がアップするのです。

 

腸内環境の改善にもっとも簡単な方法は、乳酸菌などのサプリメントを与えること。犬専用に開発された、腸内環境を整えるためのサプリメントが数多く市販されているので、愛レトにベストマッチなものを探してあげるとよいでしょう。

 

さらには日々の生活で、免疫力を低下させたり、腸の働きを悪化させるストレスから愛レトを遠ざけてあげることも重要です。

 

花粉シーズン到来前から、愛レトのために万全な準備をしておいてあげましょう。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

レトリーバーの快適な睡眠をマジメに考えてみた!

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事