2019年9月23日1,310 ビュー View

「魅惑の“甘がみ”でしゅ」こんな顔で子犬に甘がみされたら、誰だった許しちゃうよ…【ほか 動画】

成犬のノヴァ・スコシア・ダック・トーリング・レトリーバー(通称トーラー)は、コンパクトなのに筋肉質で、がっしりした体つき。けれどパピーの頃は、まったく違う表情を見せてくれます。とってもキュートで甘えん坊! ここでは可愛すぎるトーラーパピーをご紹介します。

 

「甘噛みしちゃだめだよ~」でも…許しちゃいます。

オーナーの親指を甘噛みしているパピー。

ノヴァ・スコシア・ダック・トーリング・レトリーバー

 

パピーの甘噛みは痛みもないし、何よりこんなに澄んだ瞳でじっと見つめられたら、その表情がたまらなく可愛いくて、ついつい許してしまいますよね。

ノヴァ・スコシア・ダック・トーリング・レトリーバー

甘噛みは生後1歳未満のパピーの時期(特に歯が生え変わる時期)に多く見られるため、一般的には、遅い子でも1歳になるまでには甘噛みはしなくなります。

 

けれども噛み癖がつかないように、パピーの時期にしっかりマスターさせておきましょうね!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kane the Tollerさん(@kanethetoller)がシェアした投稿 -

 

ケンカ? 違うよ! 楽しく遊んでるんだ! 

いつもは、別のお家で暮らしている兄弟姉妹がやってきました。トーラーのチャームポイントである白い靴下を履いたような足元と、富士山の冠雪のように真っ白なしっぽの先が可愛いですね! 真ん中の子がこの家のパピーではないでしょうか。お兄ちゃんとお姉ちゃんは少しだけ大きいようです。「ここ、ボクの家だぞ~」と言っているようにも見えますね。でも、そうではなく、再会を喜び合って楽しく遊び、また離れていく寂しさをぶつけているのかもしれません。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kane the Tollerさん(@kanethetoller)がシェアした投稿 -

 

 

子犬の本当の目的はおっぱいだった! 

るりちゃんは、ママに思いっきり甘えています、まずはママの下から攻撃! ママは「やめなさい」って優しくかわしています。それでも諦めないるりちゃん。ついにママに抑え込まれてしまいました。体全体を使って後足でママをキックしますが、やっぱり大きいママには敵いません。でも、偶然、るりちゃんの顔がママのお腹に接近! るりちゃんは、瞬間的にオッパイを飲もうとします。それがわかって体をよけるママ。もうオッパイをたくさん飲んだ後だったのかもしれません。ママの動きを良く見ると、るりちゃんを傷つけないように、かなり加減しているのがわかります。これは母犬のしつけではないでしょうか。私たちがするしつけは、人間とワンコが一緒に暮らしていくために必要なものですが、それとはまた違ってワンコとしての、とても大切なしつけをしているように感じます。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

xxxayutaroxxxさん(@ray.a.hime)がシェアした投稿 -

 

トーラーは、パピーの頃は天使、成犬になると紳士というイメージ! 日本ではまだ少ないと言われている犬種ですが、一緒に暮らしているオーナーは、きっとそんなトーラーにメロメロですね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

ラブとゴルだけじゃない!世界のレトリーバーたち

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧