2019年6月16日3,847 ビュー View

ゴールデンと“お馬さんごっこ”を叶えた子たちが最高に幸せそう!

あまりの大きさに「乗れるんじゃないか…」なんて、ゴールデンレトリーバーを見て思うことはありませんか? 馬のように逞しい体を見て、夢見るオーナーさんは少なくないはず。でも、実際には重くて嫌がられるし、難しいですよね。SNSでも、成功した投稿はあまり見られません。でも、レトより小さい子たちは、例外みたいですよ。いわゆる「お馬さんごっこ」を楽しませてあげていました。優しいなあ…。

お馬さんごっこ中

レトの背中に乗られました! 小さい頃に愛犬と触れ合うことは、子どもの情操教育に良いと言われていますよね。心の働きが豊かになるそうです。きっと、大きくなったときに「レトとお馬さんごっこしたな〜」なんて、思い出してくれることでしょう。そんな中、リードを引っ張っても動かなくて、お散歩は進まず…。でも、微笑ましいから許しちゃいます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

m a y u m iさん(@mayumkant__c.b)がシェアした投稿 -

 

案外軽いのね

自分よりも、大きくなければ乗せてあげちゃう? これくらいなら、へっちゃらなのでしょうか。「案外軽いのね」なんてアテレコしたくなるくらい、余裕の表情ですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

나 티컵 골든리트리버 인절미🐶이러케귀여운데 팔로우안해?さん(@goldenretriever_injeolme)がシェアした投稿 -

 

お尻にも乗せちゃう

背中以上のサービス? お尻に乗せてあげていました。これこそ、大型犬だからなせるワザ。気持ちが良いのか、猫のもんきちさんは爆睡中のようです。大人しくして寝かせてあげていて、優しすぎます。そんなゴールデンのいおんさんは、16歳のシニア犬なのです。年を重ねると、より穏やかになるのかもしれませんね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Y.M.さん(@rinmygml)がシェアした投稿 -

 

なかよしコンビ

軽々と猫の豆さんを乗せたのは、一緒に暮らす麦さんです。ちょっぴり足場が悪くて、豆さんは苦戦したみたい。それでも、立った状態で乗せられるのは、体格差のおかげだけではありません。仲良しなコンビの信頼関係によるものなのです。ちなみに、猫に腰が低いレトリーバーは多いですが、豆さんと麦さんはとっても仲良しのようで…

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

mugimameさん(@wheat_komugi)がシェアした投稿 -

 

頭にまで乗せちゃいます。キュートすぎるお帽子です。なんて。豆さんはおっとりした性格なので、されるがままらしいです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

mugimameさん(@wheat_komugi)がシェアした投稿 -

 

さすがに大きいレトたちも、人の大人は乗せられません。全力で拒否されちゃいますよね。許されるのは、小さな子たちだけなのかも。もし、「うちの愛レトは、軽くならできるよ!」なんて方は、ぜひSNSにアップしてくださいね!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「ずっと一緒がいい」ゴールデンの愛が伝わる動画に、胸がじんわり…

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事