2019年6月16日4,900 ビュー View

【1350万回再生】保護犬たちが主役のテレビCM!微笑ましすぎるパーティーをご覧あれ

再生回数1350万回、アメリカの超人気CMをご存知でしょうか。ペットフードのCMで、13頭の犬と1匹の猫が登場しています。もちろん、我らがレトリーバーも抜擢されていますよ。どんな内容かチェックしておかないと。他のCMと何が違うのでしょう?

クリスマスディナーのはじまり!

素晴らしいメンバーが集まって、豪華なクリスマスディナーが始まりました。ドレスアップをして、みんなで美味しい食事をいただきましょう。

 

…あれ? フォークやナイフの使い方、上手すぎませんか? お口を汚さずに、器用な子ばかりです。

 

それもそのはず、よく見ると人間の手なのです。人が羽織状態で手を動かしてあげているようです。みんな、ペアの子のために全力を尽くしています。…なんて、最初は良かったのですが、苦戦中のペアも見られますね。お皿から直接食べちゃう子もチラホラ…。

 

お腹がいっぱいになると、そこはまるで私たち人間の食事時間のよう。携帯電話を触り始めたり、メイク直しを始めるレディがいたり…。

 

パーティーの後半って、お化粧崩れが気になりますもんね。または、少々飲みすぎた(ように見える)子も見られます。自由すぎるパーティーの終盤に「あるある〜」と強く頷いてしまいます。レトラバーとしては、よそ見しがちなレトたちが気になる…!

 

CMはこちら!

 

ペットフードの宣伝以外に…

愉快なCMに見えますが、これはペットフードの宣伝だけではありません。

 

ユタ州の会社と協力して作られたもので、保護犬や保護猫の存在を伝える意図があるのです。

 

登場している子たちは、みんな保護されている動物たち。

可愛くて、尊い存在であることを、CMを通して伝えています。

 

さらに、里親になった人には、手当として補助金の支給もあるそうです。

 

目の保養になるくらい、キュートすぎるCMですが、背景には愛護の想いがあったのでした。再生回数が多いのも納得ですね。

 

オフショットもちらり

ちなみに、撮影の様子を撮った動画はこちらです。

 

主役のワンコやニャンコ、撮影現場がサマになっていますね! 働いている人たちも、生き生きしているように見えます。 動物って、人を笑顔にする力がありますよね。動物への愛護の想いが、世界中に広がることを願います。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

ゴールデンの愛が強すぎて困惑するオーナーが幸せそう【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事