2019年7月20日2,082 ビュー View

『ラブラドールTシャツ』ーマンボウやしろ#3[ゴルの魅力VSラブの引力!]

大のラブラドールレトリーバー好きとして知られる、マンボウやしろさん。そんなマンボウやしろさんに、ラブラドールの魅力と思い出を存分につづっていただく連載。

#3は、ご自身が愛用する巨大なラブラドールが描かれたTシャツのおはなし。

ピースの又吉直樹さんや、森三中の黒沢かずこさんなど、お笑いファンも見逃せない秘話が続々登場!

マンボウやしろ,ラブラドール

ラジオでは、本部長のマンボウやしろとして。

こんにちはマンボウやしろです。有り難い事に連載も無事に3回目を迎えることができました。

 

1回目と2回目は1980年代に何故か田舎の寿司屋で飼われることになった僕の実家のイエローのラブラドールのロンちゃんについて書きました。

 

ロンの物語はまだ書き終わってないので改めて書きますが、今回はそれとは違った僕とラブラドールのエピソードを書かせてもらいます。

 

いきなり宣伝みたいで申し訳ないですが、僕は東京FMで平日夕方5時〜8時(月曜日から木曜日)までラジオ『スカイロケットカンパニー』という番組で、本部長のマンボウやしろとして生放送で喋ってます。

今は半蔵門になるラジオ局から届けていますが、番組が始まった2013年の春から数年間は渋谷PARCOにあるスペイン坂スタジオから公開生放送でした。

 

当時、放送には毎日ゲストが来ており、X JAPANのYOSHIKIさんや内田裕也さんから乃木坂46にEXILEなんかも来てましたから、多いときには数百人の人がスタジオ前に詰めかけておりました。

 

「ラブラドールTシャツ」のはじまり。

そもそもあまり物欲も無く見た目も気にしない僕は、ほぼ似たような服を着まわして毎日スタジオに行っておりました。

 

夏の僕の誕生日の時に、あまりの見すぼらしさにスタッフさんが全員1枚づつTシャツをくれました。

 

全くもって有難くも情けない話です。聞いたことないエピソードですw

 

要するに来てくれる人たちに対して恥ずかしいからちゃんとしろ!! という事です。

 

そしてその中の1枚になんと、ラブラドールレトリーバーのイエローの顔面が前面マックスにプリントされたシャツがあったのです。

僕が異様にラブラドールを好きな事を知っていてくれていて、それをプレゼントしてくれたのですが、僕は一瞬でシャツに惚れ込み、僕の服の中で最も重要な服になったのです。

 

もう僕の中でフツフツしてたラブラドール愛が爆発して、俗に言う『勝負服』になってしまったので、大事なゲストの時には必ず着るようになってしまったのです。

 

そうすると今度は1着では不安になってきます。

 

ラブラドールTシャツは、気づけば5枚に。

僕に贈呈してくれたスタッフさんにどこで買ったか聞いてみると、海外のメーカーでした。

 

まずはそこまで探してくれて感謝しかなかったのですが、そのサイトを見てみたらブラックのラブラドールのものもあることが判明。

そこで僕はブラック1枚とイエローを3枚追加で購入することにしました。

 

僕の家は大通りが近く、外に干すと排気ガスで黒くなるので基本的にずっと部屋干しですが、夏に家に来た後輩が「え? なんでこんなにいっぱいラブラドール干されてるんですか?」と少しひくようになってました。

 

そうです。枚数が上がった僕はほぼ毎日5枚の、否、5頭のラブラドールちゃんを着まわしたのです。

 

僕がラブラドールのアニマルプリントを着ていることの認知度も少し上がりだし、とある日のラジオの生放送で喋りながら外を見てビックリ。

 

なんとご夫婦でアニマルプリントを着てくれている方がいるじゃないですか!!

 

本当に嬉しかったですし面白かったです。

 

ラブラドールTシャツのおかげで。

このシャツを着ていると、街で散歩しているラブラドール見ても触りやすいです。

 

飼い主さんとの距離の縮まり方が早いですw

 

今までは触りたくても言い出せなかった僕にとっては奇跡のアイテムです。

 

このシャツを着ている写真をたまたまSNSなんかで見た方は「この変な奴はラブラドール好きなんだろうな〜」と思うでしょうし、僕のラブラドール愛が分かりやすく周りに伝わるようになったのです。

 

こうなってくるとラブラドールグッズなんかをくれる人も出てきますし、僕の周りにラブラドールの匂いがし始めたのです。

 

たった1枚のシャツから色んなことが動きだした感じがしました!

 

そのままラブラドール街道を真っしぐら出来れば良かったのですが、人生とはこちらの想定を余裕で超えてきます。

 

ラブ以外のアニマルプリントも増えた。

ある時期から、ラブラドール好きな奴! ではなく、アニマルプリント好きな奴! という認識の人が増えてきて、事あるごとにシャツをもらえる時期が来るのです。

 

「海外で見つけたから買ってきたよ〜」と小川菜摘さんがシェパードが大きくプリントされたシャツをプレゼントしてくれました!

 

昔からのお客さんがシベリアンハスキーを。

 

同期のギンナナというコンビの金成さんはシマウマの横顔のシャツ、森三中の黒沢が鶏のドアップ、ピース又吉がハリセンボンをくれました。

 

まず、又吉よ俺はマンボウだから! それは春菜とかにあげてくれ!

 

犬とか陸上生物とか哺乳類とか関係無く、もう様々な生き物のアニマルプリントシャツがマンボウのところに集まってくるようになったのです。

 

いただいたものは着ないと失礼ですし、どれも面白いものばかりだから毎日交代で着てました。

 

本当に申し訳ないのは、ラジオのスタッフの想いとは裏腹に、渋谷スペイン坂スタジオに毎日アニマルプリントのシャツを着てくるただの変なおじさんが誕生してしまったことですw

 

全てはラブラドール愛から始まったのですが、どこでどう間違えたのか?

 

そうして後日、このアニマルプリントがとある事件を産んでしまうのですが、それはまたいつかw

 

最後にひとつだけ、注意事項を。

ちなみにラブラドールTシャツは人によっては、犬の目が乳首で鼻がおへそで裸のおじさんに見えるそうなので着る際は注意してください。

 

特にイエローは要注意です!

 

さらにタクシーが止まらないという欠点もありますのでお気を付けてください。

 

どうやらドライバーさんからは、車道と歩道の間で裸の人が手を挙げていたり、遠近感がわからなくなる大きめの犬がウロウロしているように見えるらしいですw

 

 

マンボウやしろ

ラブラドールレトリーバー,マンボウやしろ

元お笑い芸人。1997年よりお笑いコンビ「カリカ」として活動し、2011年に解散。その後ピン芸人を経て2016年に芸人を引退。現在はラジオパーソナリティ、演出家、脚本家、MCなど多方面で活躍中。

Twitter:https://twitter.com/manbouyashiro

メルマガ:マンボウやしろの『死ぬまで生きます』

 

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事