2019年9月12日5,909 ビュー View

(そーっと)先におやつを食べ終えたラブラドール、無言の圧をかけながら必死に我慢【動画】

隣の芝生は青い…ということわざがある通り、何でも他人のものはよく見えるものです。ラブラドールレトリーバーのサンは、もう自分の分を食べ終わったのにゴンのおやつが気になってしまうみたい。果たしてどんな展開になったのでしょうか。

自分の分は食べちゃったけど、あっちのも美味しそう

カーペットの上に横になり、口に含んだおやつをゆっくりと味わっているラブラドールレトリーバーの「ゴン」。

そんなゴンの様子が気になって近づいていくのは、同じくラブラドールレトリーバーの「サン」。

 

サンもさっき、ゴンと同様におやつをもらったのですが、早食いのためにもうそのおやつをペロリとたいらげてしまったのです。

オーナーさんから「もう食べたでしょ」と言われると、サンは奥のほうへと引っ込んでいってしまいます。

 

昔みたいに取り合いっこはもうしない…見ちゃうけど

オーナーさんによれば、サンもゴンも"相手の食べ物を取らない"という行動が最近できるようになってきたとのこと。

オーナーさんに諭されて、サンもゴンの食事風景をジーッと見つめたりせずに、お行儀良く離れていったのですが…。

 

いや、見てた!! 部屋の奥からこっそりゴンを見つめていました!

やはりおやつのことがどうしても頭から離れないみたいです。

 

ゴンがいい音を立てておやつをかじっているので、余計に気になるのかもしれません。

 

匂いをかぐだけならいい?

「だけど、匂いをかぐだけならいいんじゃないかな?」とでも言いたげに、まず少し離れた場所のカーペットの匂いをかいでワンクッション置き、遠回りするようにゴンへと近づいてきたサン。

おやつを食べ終わったゴンは、そんなサンが近づいてくると急いで避難。

 

しかし、サンはさらに匂いを追って、今度はゴンの口元をペロペロ。

まるで、「おやつ余ってない?」とでも言っているみたいです。

 

でも、まだ食べたいな~

おやつをまだ食べたいのは、どうやらゴンも同じのようで…おやつを食べ終わったゴンは、オーナーさんのほうを1度ジーッと見つめていました。

その場に残されたサンのほうはさらにおやつが恋しいようで、床の匂いをまだかいでいるではありませんか。

 

ゴンとサン、美味しいおやつはまた明日のお楽しみにね!

 

動画はこちら。

 

食べるのが大好き! というサンだからこそ、つい早食いしてしまうのかもしれません。そんな気持ちを抑えつつ、おやつをゆっくりと味わうゴンを見守れるようになったのは大進歩ではないでしょうか。ゴンも、サンの視線というプレッシャーをものともしないところが大物です。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【子犬が落ちてる】飼い主が不在中、子犬をあちこちに寝かせるドッキリを仕掛けた母犬。え、なぜ?【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧