2020年1月25日2,018 ビュー View

テーブルに挟まった棒。欲しいのに全く歯が立たず『飼い主チラ見作戦』を決行した愛すべきラブラドール。【動画】

今回ご紹介するラブラドールは、テーブルに『しっかりと』挟まった棒が取りたくて仕方がありません。しかしがっつり挟まっているため簡単にはいかず、様々作戦を立てて頑張っているようですが、最終的にどうしたかというと…。

しっかりと挟まった棒。

広場に遊びにきたラブラドールのBruceは、テーブルの下に入ってみました。

するとそこで青い棒を発見。これはいいおもちゃだと思ったのか、取ろうとしています。

 

Bruceはまず、お口で棒をくわえてみました。

 

しかしこの棒…。

 

手前の椅子と同じくテーブルも網状になっているようで、しっかりと挟まっていたのです。

 

さらには棒の下の部分も穴にはまっていて、もはや取れるようなものではなかったのです…。

 

諦めちゃった?

ハムハムと棒をくわえてみたBruceですが、棒はぎっちりと挟まっていてそう簡単には取れませんでした。

 

これは難しい戦いであるということを感じたのでしょう。

一旦そっぽを向いています。

 

周囲を見回すBruce。

 

もう棒を取ることを諦めてしまったのでしょうか?

 

少し持ちあがってきた…?

いいえ、Bruceは棒を諦めてはいませんでした。

周囲を見回して「何かヒントがないかな〜」なんて確認していたようです。

 

しかし、再び先ほどと同じようにお口にくわえてチャレンジ再開。

 

すると、少しだけ棒が浮きました!

 

かといって、やはり棒が取れそうになったという訳ではありません。

 

どうぞ棒の下をご覧ください。

この角度だとよく見えますが、こんなにしっかりとハマっていたのです。

 

「上をくわえてだめなら、下だ!」

しかし、どうしても遊びたいBruce。

しっかりとテーブルにハマった棒に、苦戦しながらも挑み続けます。

 

するとBruceは、新たな作戦に出ました。

 

Bruceが棒をくわえる位置をご覧ください。

 

最初は棒の上の方をくわえていましたが、下に変更。

「上がだめなら、下だ!」と思ったのでしょう。

 

かなり、棒が持ち上がってきて、惜しいところまできています!

 

「助けて」。

しかし…あと少しというところでやっぱり「取れない」ということを感じたのでしょう。

 

Bruceは棒をお口から離し、何をするかと思えば…

 

(チラッ)

 

「取って」とばかりにオーナーさんを見つめます。

 

ひとしきり自分で頑張ったBruce。

だから協力してあげたい気持ちは湧きそうですが、これって人間でも取るのが大変そうですよね。

 

諦めてもらうことが良さそうでしょう…。

 

このままでは棒が取れないとわかると別の作戦に移る様子、また、無理なことを続けずに助けを求める素直さのある様子は、なんともラブらしい姿でしたね。

 

ラブたちは何かに苦戦すると、ちらっと人間を見て助けを求めることがあります。

 

その時のお顔がたまらなく可愛くて、つい助けてあげたくなってしまうのですよね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「水…遠い…」届きそうで届かないラブラドールの死闘を応援したい。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • オリジンジャパン,フード,レト