2020年1月16日3,611 ビュー View

(チュパチュパ…)子犬の頃からの癖を引きずるラブラドールが、大きな赤ちゃんにしか見えなくて母性がやられる…【動画】

もうそろそろ赤ちゃんは卒業なのに、おしゃぶりや毛布を手離せない子はいますよね。犬にとっても安心できる習慣は抜け出しにくいようで、特にママのミルクを飲んでいた頃のように、ヌイグルミや毛布をチュパチュパ・ハムハムする行為はたまに見かけるものです。その姿がもう尊すぎるので、どうぞご覧ください!

毎食後のチュパチュパタイム

ご飯のあと、ラブラドールのrikiには毎回行っている習慣があります。

それはお気に入りのヌイグルミに吸いついてチュパチュパすること!

 

これは、まだまだミルクが恋しいrikiにとっては欠かせない習慣。

 

自分とほぼ同じ大きさのヌイグルミを、こんな風にギュッと掴んで離しません。

 

きっと、以前はヌイグルミのほうがずっと大きかったのでしょうね。

 

しかし毎度とくればそろそろぬいぐるみにも限界がきてしまいそう。

 

rikiがチュパチュパから卒業できるのが先か、それともヌイグルミがボロボロになるのが先か…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Akira Morishita(@riki_pap)がシェアした投稿 -

 

タオルケットをくわえてうっとり…

どんなにラブが大きくなったって、お気に入りのものをチュパチュパする癖はやっぱりなかなか直らないみたいです。

 

こちらのドンキーも、寝る前にタオルケットをくわえてハムハムするのがやめられないのだとか。

 

オーナーさんがカメラを手に接近しても、タオルをくわえて身じろぎもしません。

 

タオルをクイックイッと引っ張ったことで、ようやく我に返ったみたいですが、その目は「ね〜邪魔しないで」とでも言いたげです。

 

ハイハイ、すみませんでした。心ゆくまで堪能してね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

akemison(@akemison)がシェアした投稿 -

 

ハムハム用のヌイグルミをひとり占め!

チョコラブのVianneがハムハムしているのはヌイグルミ。

すぐそばでそれを見ていたイエローラブのJulietも同じようにハムハムしたいのに、Vianneはヌイグルミを離しません。

 

Julietは何とかヌイグルミの足を引っ張って奪おうとしますが、Vianneは前足も使ってしっかりとヌイグルミをホールド。

 

これではJulietがヌイグルミを奪える余地ありません。

 

スワイプすると、Vianneからヌイグルミを奪えなかったJulietが。

 

その代わりと言わんばかりに、カーペットに八つ当たりしている別の動画が現れます。

 

Julietも、ヌイグルミをハムハムできる順番がきますように!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ヴィ―&ジュリmam(@rammy5308)がシェアした投稿 -

 

どのラブラドールたちも、やはりなかなかチュパチュパ&ハムハムからは卒業できないみたいですね。

 

しかし子犬であろうと成犬であろうと、ラブがそんな仕草をしている姿は、どんなに体が大きくなったとしても、赤ちゃんのように見えてとてもかわいらしいもの。

 

卒業することなく…ずっとそのままのほうがいいのでは!? なんて思ってしまいました。

 

なんだか、心がポカポカになってしまいましたね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

ラブラドールは大きな赤ちゃんであり最高の相棒なのだ!【幸せフォト5選】

いいなと思ったらシェア

  • ジュイクル

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • レトリーバー,わんちゃんのおめめ