2020年5月2日14,723 ビュー View

(ゴロゴロ…)キツネと一緒に同じ目線で遊ぶゴールデン。大きさも生き物も違うけれど“トモダチ”になれたよ。【動画】

ゴールデンの友好的な性格は、種族も大きさも全くお構いなし。そのため人も一緒に生活しやすい犬種ですよね。今回は、なかでも少し変わった動物と仲良くなったゴールデンをご紹介。その相手とはとっても小さなキツネ。ちょっと珍しい相手ですが、終始微笑ましい光景になっていたようですよ!

黒い子犬? じゃれて遊ぶゴル

お外でプロレスごっこをして遊んでいるゴールデン。楽しそうにじゃれあっていますが、相手はずいぶん小さいですね。

そしてよく見ると体の作りも違うよう…ってそれもそのはず。相手はキツネなのです!

 

キツネと遊ぶゴールデンなんて珍しいですよね。

 

キツネ自体もそこまで目にする機会はありませんから、それだけでも見慣れない光景です。

 

黒くて小さな体に、ピンと立った耳。

俊敏な動きに独特の鳴き声、やはり犬とは全然違います。

 

一緒にゴロ〜ゴロ〜。

実はこの黒い被毛のキツネは、ホッキョクギツネ。

冬は真っ白でふわふわの被毛ですが、夏はグレーや褐色に生え変わるのだそうです。

 

それにしても、遊び相手がキツネとは驚きですね。

 

ちなみにホッキョクギツネの体の大きさは猫と同じくらい。

 

こちらのホッキョクギツネもそのくらいの大きさでしょう。

 

それでもゴールデンにひるむことなく、むしろ「遊ぼうよ!」とばかりに果敢に挑戦しています。

 

犬の動きとよく似ている!

2頭が遊んでいる姿を見ていると、なんだか遊び方がとても似ているようです。

 

挑発するときにアグっと口を開ける仕草や、前足でちょいちょいと注意を向ける仕草などは、本当に犬のよう。

 

もしかしたらとっても気が合う相手なのかもしれませんね。

 

ということで、とっても相性が良さそうなこのコンビ。

 

一緒にプロレスごっこをしていますが、それはあくまでお遊びの範囲。

お互いにちゃんと加減を知っているかのようです。

 

もしかして、甘えているの?

終始微笑ましいじゃれ合いが続きましたが、動画の最後には、横たわるゴールデンの上にキツネが乗っかるシーンが。

 

体が大きなゴールデンは、小さくすばしっこいキツネを相手に少し疲れちゃったのかもしれませんね。

 

しかし、そんな相手にまるで甘えるかのようにキツネがちょこん。

 

まんざらでもないのか、ゴールデンは受け入れるのでした。

 

やはり根が優しいゴールデン。

 

小さな相手にも、そしてどんな生き物にも優しく接することができる、本当に心が美しい犬なのですね。

 

やんちゃなホッキョクギツネでしたが、ゴールデンがそれに対して怒ったりすることなく構ってあげているという印象でしたね。

 

ゴールデンの優しさに、改めて感心する動画でもあったと言えそうですね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

愛もパワーもちょい強すぎるが…大好きな猫にヘッドロックをかましながら耳掃除する、心優しい(?)ラブラドール。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • オリジンジャパン,フード,レト