2020年3月21日21,907 ビュー View

(怒られるの…?)派手に泥遊びしたゴールデン。全力で叱る…どころか、超絶愛おしい気持ちが湧くのはナゼ…!【動画あり】

ゴールデンのあの金色の豊かな毛は、眺めるだけでウットリするほど。とはいえゴルオーナーならばシャンプーする苦労も身にしみているはずです。今回はオーナーであれば思わず悲鳴をあげたくなるような、泥だらけでやんちゃな姿をご紹介。しかしその悲鳴が、どうやら『愛らしさ』からくるものなのだとか!?

仕事熱心な血がうずいたか…

もともとは狩りの獲物を持ち帰る犬として生み出されたレトリーバー。

オーナーさんを喜ばせることが大好きで、仕事(と思われる行為)には、熱心に取り組みますよね。そんな本能が騒いだ結果がコチラ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Vera(@vera_true_)がシェアした投稿 -

 

なんということでしょう。

 

奇跡的にこの背景に溶け込む「保護色」に変化。それって、すごく知的に仕事に取り組んだのかもしれませんね…。

 

こんな風に泥に体をこすりつけるのは、自分の臭いを消して獲物に気づかれないようにするという狩猟犬の本能。

 

狩りをしていた時代には、さぞ喜ばれたでしょうなあ…。

 

水も泥も、全部だいすき!

水が好きで泳ぎが得意なレトリーバー。その喜びが感じられる一枚です。

 

撮影された場所は、海か川の岸辺でしょう。

ヌッチャヌチャの泥をしっかりと踏みしめて、太陽を背負い輝くゴル。

すでに仕事を終えたのか、お顔にもしっかりと“勲章”の泥が。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Gintoki Pupperino(@helloimgin)がシェアした投稿 -

 

それでは全身をよくご覧ください。もはやぐしょ濡れです。

これはたぶん、泥が被毛の奥まで入り込んでいますね…。

 

しかし、こんなぐちゃぐちゃな毛皮と嬉しげな顔を見たら、オーナーさんは悲喜こもごも、といったところでしょうね。

 

反省のとき、全くもって超遅し。

こちらも泥でお仕事を終えた後の様子です。お部屋の中に戻り、自分がしてしまったことに気づいたのでしょう。

かなりドキドキした面持ちで、おめめはいつも以上にまん丸。

 

このゴルが今までの2頭と違うこと。それはこの泥まみれの状態で室内にいるということですね。

 

賢いゴルですから、ドキドキが滲み出てしまうのも無理はないでしょう。

 

よく見ると背後には、白い床にゴルの足跡だらけ。

また床が白いから目立ちます…。

 

そしてきわめつけはパタパタと振られるしっぽ。

気が引けているためか、控えめに揺れています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ellie(@elliethegoldieretriever)がシェアした投稿 -

 

ところで。

こんなに目を丸くして控えめにしっぽを揺らすゴルのことを、一体誰が叱れるというのでしょうか。

 

こんなところが愛おしくて仕方ないのだから、もしかしたら彼らはそんなところまで考えているのでは…なんて思ってしまうほど。

 

でもこれは完全なる『ピュア』。

だから、愛さずにはいられないのです。

 

オーナーさん。これはゴルとの幸せなコミュニケーションの一環です。

元気があるからこそ、こんな姿が見られるのですからね。

 

一緒にお風呂で“お仕事”の感想でもききながら、鼻歌交じりでシャンプーも楽しんじゃいましょう!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

(せっせ…)トイレットペーパーを引っ張って遊ぶ、ゴールデンパピーたちの悪気のない(であろう)所業を見届ける【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • オリジンジャパン,フード,レト