2020年3月26日4,465 ビュー View

あぁんも〜…!しっぽを噛んでグルグルするゴールデンと、それに巻き込まれた飼い主。ピュアすぎる事故でワロタ【動画】

自らのしっぽを咥えようとクルクル回り、中々届かずもどかしそうにしている犬の姿はよく見られます。特にパピーの頃は遊び道具だなんて思っていることも。そんな風にグルグルと奮闘しているゴールデンたちは、なかなか個性的な愛嬌を放っているのでした!

噛みながらクルクル…あれ?

自らのしっぽをくわえてクルクルと回っているゴル。そんなゴルのしっぽあたりをご覧ください。よく見ると、人間の足が…!

 

…そうです。

ゴルはしっぽを追いかける時に、なんとオーナーさんの足を巻き込んでしまったのでした。

 

少し戸惑いを見せているオーナーさんですが、そんな姿が愛らしいのか、動かず優しく見守っています。

 

このまさかの『巻き込み事故』な光景は、どうしたって微笑ましくて仕方がないですものね!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mitzi Gellman(@mitzigellmanphotography)がシェアした投稿 -

 

柱にぶつかり、柵にぶつかり…。

続いてはゴルパピーのCooper。自分のしっぽを噛みながら、ぎこちない足取りでクルクルと回転しながら移動し、そして柱にぶつかり、しまいには柵にぶつかり…。

 

自分のしっぽは、自分の体の一部だとまだ分かっていないのでしょう。

 

おぼつかない足取りが何とも危なかっしいですが、やはり愛らしい光景です。

 

柵にぶつかった瞬間「ハッ」と目が覚めたように我に返っていますが、そのキョトンとした表情までが愛らしい!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Cooper(@golden_super_cooper)がシェアした投稿 -

 

寝転がりながらガブリ!

床に寝たまましっぽを噛んでいるのはbogey。でんぐり返しをしそうな態勢で、しっぽに噛み付いたまま床にゴロリ。

それでもしっぽが取れないのがもどかしいようで、床を這いつくばっています。

 

体をくねらせ仰向けになって、必死に自分のしっぽの方を振り返り噛み付こうとするbogey。

 

しかし、そこまでしてもなかなか思い通りにはなりません。

 

もはや敵と戦うかのごとく、なかなか諦めないbogeyでした。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

B O G E Y(@bogeyboygolden)がシェアした投稿 -

 

ちょっぴり天然とも言えそうな様子のゴルたちはいかがでしたか?

どの子たちもとにかく必死に咥えようと頑張っていましたね。

 

犬がしっぽを咥えようとするのには、獲物を追いかけていた頃の本能が働いたり、ストレスを解消したりと、それなりに理由があるもの。

 

いずれにしてもその一生懸命な姿は、とにかく微笑ましい姿と言えそうでした!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

ん?真っ暗だ…根っからの箱好きであるラブラドールは、ぶっちゃけ『愛おしすぎる天然さん』で、間違いない。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • オリジンジャパン,フード,レト