2020年3月18日2,894 ビュー View

肉球が弱いラブラドールが、初めての靴デビュー。奮闘しながらもどうにか歩こうとする気持ちを讃えたいよ!【動画】

ラブラドールは大型犬なこともあり、基本的に「裸族」派が多いもの。今回の動画の主人公どんくんも例に漏れず裸で生活していたそうですが、肉球が腫れがちなどんくんの為に、オーナーさんが靴をゲットしました。しかし初めての靴はみんな戸惑うもの。さあどんくん、うまく履きこなすことはできたかな…!?

初めて靴にトライするどんくん

どんくんは2歳のラブラドール。冒頭でも述べたとおり、この日はどんくんの靴デビュー日。そんな靴を実際に目の前に並べてみると…

「なんじゃ…?」

 

そんな感情がモロに漏れているようなお顔ですね。

 

もちろん当の本犬は、これが何かわかっていません。

「何ですかそれは」とでも聞いているのでしょう。

 

意外とスムーズに着用!

そしていざ着用タイム!

オーナーさんの手によって、靴をはかされるどんくん。

 

すると…

 

おおお!

 

この時点で猛抵抗する子も多いですが、どんくんは意外とすんなり履いてくれたようで着用完了です。

 

でも、ここからが本番。

 

いよいよ地面に降り立つことになるのですが…どんくん、大丈夫か!?

 

明らかに動きがおかしくなった

車から降り立ったどんくん。

 

さすがはラブラドールです。

なんだかイケそうな雰囲気がプンプン!

 

ではでは…いざウォーキング開始です!

 

「……」。

 

あああ…。

やはりダメか…。

 

これはもうロボットか、もしくは生まれたの子鹿か…。

 

ということでいつものようにスタスタとは歩けず、ヒョコッヒョコっとバランスを崩してしまっています。

 

慣れないから仕方がないよね…。

 

そしてスネる…が、しかし!?

ということで、地面にゴロン。

 

このように、わかりやすくスネたよう…に見えた場面もありましたが!

 

ラブラドールを侮るなかれ!

 

彼らの、持ち前の“頑張り屋さん”な性格を発揮し、まだまだ慣れない靴でも頑張って歩くどんくんの姿が…。

 

初回はどうしても断念してしまう子が多い中、奮闘して進み始めたどんくん。

 

不安だったと思うけれど、頑張ってとっても偉かったね!

 

どんくんは肉球が弱く、雨の日に外を歩くと赤く腫れてしまうため、今回オーナーさんは靴の導入を決意されたそう。

 

真夏のアスファルトの熱や、逆に真冬の冷たさ、雪の時期には融雪剤など季節ごとに肉球にダメージを与えるものはたくさんあります。

 

それだけでなく、場所によっては足腰への負担になることも。

 

ということで靴は彼らの健康を守る大事なアイテムなのです。

気になるオーナーさんはどうぞ、詳しく調べて愛レトの健康を考えてあげてくださいね。

 

どんくん、早くモノにしてスタスタと楽しく歩けるようになるといいね!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

初のハーネスに慣れないラブラドールの子犬。受け身練習のようにゴロンゴロン暴れたのち、落ち込む。【動画】

いいなと思ったらシェア

  • レト,愛玩飼育管理
    レト,愛玩飼育管理

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • レト,ジアイーノ
    レト,ジアイーノ