2020年7月21日4,611 ビュー View

飼い主に素っ気なくされしょんぼりしちゃったラブラドール。「かまちょ…」な姿が切ない、でも可愛すぎ…【動画】

今回は、可愛いがゆえにちょっぴり愛ラブに意地悪をしちゃったという動画をご紹介します。「遊ぼ〜」モードなラブはオーナーさんにアピールしてみるものの、ちょっと「塩対応」されてしまいました。もう手に取るように感情がわかる切なそうなお顔には、こっちが悲しくなってくる!?

ベッドの下からかまって攻撃

ラブがとってもかまってちゃんなことは、みなさんならよくご存じですよね。こちらのおうちに暮らすラブも、例に漏れず相当なかまってちゃん。

 

(モゾモゾ…)

 

オーナーさんに、ベッドの下から「遊ぼうよ」とアピールしているようですよ。

 

わざと素っ気なくしちゃった

しかし、可愛い子だからこそ、ときにはちょっと意地悪したくなってしまう気持ちってありますよね。

 

ということで、オーナーさんはラブからの「かまって」アピールに対してわざと素っ気なく、いわゆる塩対応をしています。

 

すると…

 

(ウルウル…)

 

なんなんだこの可愛い仕草…。

そんな光景が目に飛び込んできました。

 

だって、オーナーさんの腕に顎をのせ、さらには手のひらに自分の前脚を乗せているのですよ。

 

甘えん坊の極みですよ、これ…。

 

「キューン」泣き出しちゃった?

すると、どんどんお顔が曇っていったラブ。

 

彼らは考えていることが顔に出やすい犬種。

とは言えここまでシュンとしたお顔を見せられたら…。

 

「……」。

 

なんだか、見ているこちらも辛くなってきたよ!

 

回り込んでオーナーさんのもとへ

最終的に、耐えられなくなってしまったのかベッド下から回り込んでオーナーさんのもとへ行ったラブ。

 

「無視しないでよぉ…」(チョン)

 

頭を下げて前脚を伸ばすこの仕草。

もう見ているこちらが「ごめんね、遊ぼう!」なんて言いたくなってしまいます。

 

かわいいからこそ意地悪したくなってしまうものですが、ラブは本当に根っからの優しい子。

 

だからこうした「プチドッキリ」は、くれぐれもほどほどにしてあげてくださいね!

 

感情が手に取るようにダダ漏れていたラブ。どのシーンも悲しくなるほどの様子でしたね。

 

とは言え、何度もやったら信頼関係が崩れて本当に嫌われてしまう可能性があります。

 

どうぞ、可愛さゆえのドッキリは控えめにお願いしますよ!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

トレーニングの邪魔をしまくり、抱っこで回収されていくゴールデン。同じやりとりの繰り返しが超微笑ましい【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • オリジンジャパン,フード,レト