2021年7月7日3,300 ビュー View

(アガッ)我が子を愛でている最中うっかり食べられた飼い主さん。ゴールデンはパピーからしっかりワイルド。【動画】

今回はゴールデンパピーの『ワイルドさ』が溢れた光景をご紹介。とはいえ「勇敢」とか「カッコイイ」とかそう言うものではなく、大型犬らしいピンポイントな“萌え”を感じるようなもの。見たらきっと共感いただけるはずですよ♡

我が子をベタベタに愛でていたら…

主役のゴルパピーは今、まるで赤ちゃんのように抱っこをされています。

 

その姿は、大きめのぬいぐるみそのもの。

まさにモッフモフのコロコロで、最高に愛くるしい時期です。

 

そんなパピーにメロメロなのがオーナーさん。

 

抱っこをしながらも、パピーの前足を握ってあやすような仕草を続けます。

 

この時の一瞬一瞬の動きから本当に愛していることが伝わって、とにかくホッコリするのです…がしかし。

 

相手はいわば『無邪気のカタマリ』。

 

一緒に遊んでいたら楽しくなったのか、パピーの方からもじゃれつきアグアグと甘噛みを始めたのですが、その部位がまさかの…オーナーさんの顔面。

 

とはいえ、ただただ無邪気にカプッとしただけのことでしょう。

 

もはや子グマともいえそうな大きなボディのゴルパピー、彼らは少々体が大きいだけなのです。

 

しかしそのサイズ感から、もはや食べられているような光景に…。

 

どうぞ動画で実際の光景をご覧ください!

 

このビッグハンドが最高!

お次のパピーは今、ベッドの上にいるオーナーさんに何やら話しかけている最中です。

 

大型犬であるゴールデンはもちろん、他の犬種の同じ年齢の子よりはるかに大きいものですが、とはいえまだベッドの上には乗ることができないサイズ。

 

と言うことで、下から「乗せて〜」とアピールしているのです。

 

まるでせかすようにカシカシと、交互に前足をベッドに乗せ動かしているのですが、そのサイズ感に大萌えなのです。

 

「乗せて〜♡」

 

でっかい…でっかいですよね。

 

大型犬らしくまるでグローブのようにボテッとしたこの感じが最高なのです。

 

ああもうやっぱりゴルパピーしか勝たん…。

 

ということで、このハニカミ笑顔を含めて、何度だって見たくなる可愛さに溢れた姿をご覧ください!

 

しばし「自分のサイズをわかっていない」と言われるゴルたち。

 

パピーもまたそのことを理解していないようで、最高の愛くるしさでした。

でもその感じが彼らの魅力のひとつ。

 

ああもう、改めてホントにたまらなく可愛い存在!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

(ビクッ)ワガママを言いご飯を食べなかったゴールデンパピー。しっかり自分の行動がアダとなった模様…【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • レトリーバー,Ta-Ta,タータ