2021年9月24日3,059 ビュー View

(チッ…)転がるココナッツに太刀打ちできないパピーが相当悪い顔してて吹いた【ゴールデン動画】

今回はココナッツの実をかじろうと奮闘するゴルパピーをご紹介。まん丸の実は舐めても噛んでもコロコロ転がり上手く扱うことができません。するとついにキャパオーバー、最後はキレてしまうのでした。困っているところ悪いのですが…ごめん、可愛い!

ワクワクの眼差しで…

今回の主役はゴルパピーのAmigoさん。今は、オーナーさんが手に持つココナッツの実に興味津々。

 

きっと見るもの全てが新鮮なのでしょう。

キラキラした表情で待ち侘びています…

 

(ソワソワ…)

 

オーナーさんからの“お座り”にもきちんと対応し、無事にココナッツをゲット。

 

さて、ここからどうするのでしょうか。

 

「うまく食べられないな…」

早速クンクンと匂いを嗅ぎ始めたAmigoさん。

 

ココナッツの甘い匂いがしたのでしょうね。

 

(ペロ…)

 

欲しくてたまらなかったココナッツ。

 

いざ舐め始めてみたものの、まん丸のココナッツはコロコロ…。

 

「待ってー!」。

 

この通り、舐める度に転がってしまうのです。

 

転がるココナッツを追いかけながら、それでも必死にペロペロ。

 

あれ、ちょっとオコ…?

ココナッツと言っても、Amigoさんが舐めているのは皮の部分。

 

舐めづらい上に固くて味がしないため、ちょっとイライラしてきてしまったようで…

 

(ガジガジッ)

 

味がするところを探しているのか、ここでココナッツを噛み始めました。

 

しかし、ココナッツの皮はとても固く、パピーであるAmigoさんでは到底太刀打ちできません。

 

(ペロ…ガジガジ…)

 

噛んでダメなら舐めて…を繰り返すAmigoさん。

 

なんだかちょっとココナッツの扱い方が荒くなってきたような…なんて思った次の瞬間!

 

理解できなかった…

Amigoさんは、ここで完全にキャパオーバー。

 

どうにもならない相手を目の当たりにして、ついに怒りのスイッチが…

 

「…ゥワン!」。

 

ココナッツの実に吠えてしまいました。

 

おやつでも遊び相手でもなさそうな相手に、完全にお手上げ状態です。

 

「これはなんだったの…?」

もう、最終的にはココナッツと距離を取るまでに。

 

興味はあるようですが、戦意喪失してしまったのでしょう。

 

「ムゥ…」。

 

最終的には、まるで助けを求めるようにオーナーさんを見つめるのでした。

 

人間でも処理が難しいココナッツの実ですから、パピーのAmigoさんにはさすがにどうすることもできなかったよう。

 

とはいえ、どうにか必死に食べようとしたり、キャパオーバーして吠えてしまったり、悪戦苦闘する姿はピュア可愛くて、もうメロメロです!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

足がおぼつかず相棒の上に落下!横で見ていた子も、なぜか単独で落下!ラブラドール赤ちゃんのヨタヨタ事故がたまらん【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • レトリーバー,Ta-Ta,タータ