2021年10月24日18,477 ビュー View

自分の家に赤ちゃんが侵入…困惑しつつも出ていくまでジッとしていたラブラドール。【動画】

今回はラブと赤ちゃんのふれあいシーンをご紹介。まだ何もわからない赤ちゃんは気ままにラブに接するのですが、ちょっと困った事態も起きるもの。しかし『赤ちゃんだから』と理解しているラブは、常に感心するような仕草で対応するのでした。

不意に背中に乗っちゃった…

主役ラブのゴンがリラックスしていると、一緒に暮らす赤ちゃんが背中にどっかり。

 

なんとゴンの背中に乗ってしまいました。

 

普段パパとお馬さんごっこなどしているのでしょう。

つい大きな背中に乗ってしまったようです。

 

そこにオーナーさんが近づくと、反応して立とうとするゴン。

でも背中には赤ちゃんがいるためすかさず「待て」の指示を。

 

そのことをすぐに理解したのか、ゴンはオーナーさんを見つめながらしっかり待機。

 

ふう…危ないところでした。

あのまま立っていれば赤ちゃんが落ちてしまうところでしたからね。

 

そして、オーナーさんはしっかり待てができたゴンをなでてあげます。

 

こういうとっさの行動に対応できるのはラブらしいものです。

 

その後は、ゴンの相棒・サンと一緒に毛糸で遊び始めるのですが、なんとここに赤ちゃんも参加。

 

当たり前のように加わり、仲良くみんなでぐちゃぐちゃにして遊ぶのでした。

 

まるで3人の子どもがいるみたいで、なんとも微笑ましい光景。

この姿にはオーナーさんもホッコリしたことでしょう。

 

ちょっと迷惑…でも結局嬉しかった!

この日は、ゴンがクレートでリラックスしていると可愛いお宅訪問がありました。

 

なんと赤ちゃんが中に入ってしまったのです。

 

自分の安心できる場所に誰かが来ると嫌がる子は多いもの。

ゴンもわかりやすくオーナーさんに目くばせしています。

 

しかしゴンはもちろん吠えず怒らず。

相手が大好きな人だからでしょう。

 

そのまま大人しく過ごし、赤ちゃんが接近すればクンクン。

 

その後はちょっとずつ嬉しくなっていったようで、ゴキゲンな時に見せるという『ヘソ天ゴロゴロ』をして見せました。

 

最初は困惑していたようですが、結局は嬉しくなってしまったのでしょう。

 

最初は少し不満そうなお顔を見せたものの、大好きな相手であれば結局喜びに変わるのだなんて、ゴンの心を思うととても愛おしいものです。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

赤ちゃんの子守中、耳を掴まれても『よくある事』とばかりに動じず受け入れたゴールデン【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • レトリーバー,Ta-Ta,タータ