2021年9月16日8,010 ビュー View

赤ちゃんの子守中、耳を掴まれても『よくある事』とばかりに動じず受け入れたゴールデン【動画】

今回は改めてゴルの優しさが伝わる光景をご紹介。お家の赤ちゃんに寄り添うゴルはひとりウトウト…しかし赤ちゃんは元気いっぱいで、ゴルの耳をガシッ。そんなハプニングすら受け止めそばに居続ける心優しいゴルには、きっと温かい気持ちをもらうでしょう!

ふたりでまったり中

主役ゴルは赤ちゃんのことが大好き。

 

一緒にソファで過ごしているのですが、その様子をご覧ください。

 

赤ちゃんの体の上でまったり中。

 

これ以上ないくらいベッタリなのです。

 

しかし、真面目に子守をしていたら眠くなっちゃったのかウトウト…。

 

ゴルの重さが気になりますが、オーナーさんがそばで見ているはず。

 

赤ちゃんも穏やかな表情をしているので問題はなさそうですね。

 

赤ちゃんは眠くなさそう

こうして赤ちゃんのお世話をしているつもりなのか、それとも単に居心地が良いのか…。

 

ゴルは全く動く気配がありません。

 

改めて見ると、逆に赤ちゃんがゴルを子守をしているみたい…?

 

「大きな赤ちゃんでしゅ」なんて言っていたら可愛いですよね。

 

もしかすると、いつもこうしてふたり仲良くしているのかな?

 

赤ちゃんも慣れっこなのでしょう。

 

耳を掴まれちゃった…

まるできょうだいのような触れ合いには心がホッコリしますね。

 

しかし、ここでちょっとしたアクシデントが発生。

 

(ガシッ)

 

あらまあ…しっかりと掴んでいますね。

 

そこに悪意はないものの、赤ちゃんはゴルのお耳をギュッと掴んでしまいました。

 

しかし、思い返すと最初からこうやって耳を握りしめていたような気も。

 

赤ちゃんは加減を知りませんから、きっと少しは痛いでしょう。

ゴルは大丈夫かな?

 

ゴルのシッターぶりに感動!

やはり掴まれたことが気になったのか、うっすら目を開けたゴル。

 

しかし…

 

「……」。

 

それでも何も言わず、移動することもしませんでした。

 

君は本当に優しい子だね。

 

やっぱり、面倒を見てあげていたのは大人なゴルのほうでした。

 

もちろん無理はして欲しくないけれど、赤ちゃんのすることだと理解しているのでしょうね。

 

ひたすら赤ちゃんの心を思いやる姿には胸がジーンとしてしまいます。

 

やっぱりゴルって最高だ!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

水から飛び出た金魚をつつく猫。すぐに事態を悟ったゴールデンが咥えて水の中にポトン!賢すぎかっ!【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • レトリーバー,Ta-Ta,タータ