2018年12月1日241 ビュー View

【誤飲・誤食】飼い主が予防できる!好奇心旺盛なレトは日頃から注意を

好奇心が旺盛で食べることが大好きというレトリーバーの性格ゆえか、異物誤飲で内視鏡手術や開腹手術をするレトリーバーは多いとされています。

お腹を開いてみたら、ハサミや靴下が出てきたという事例もあるのだとか。最悪、腸閉塞になり命を落とす危険性もあるので、予防に努めたいもの。また、早期に発見する方法や初期の対処法などをしっかり頭に入れておきましょう。

病気のサイン

レトリーバー病気

Omelianenko Anna/shutterstock

胃内の異物をレトリーバー自身も排出しようと、吐くしぐさを見せることが多くあります。吐くのは、誤飲をして数時間や数日以内とは限りません。

 

数カ月以上経ってから、家庭内でなくなっていたものが愛レトの口から吐き出されたというケースも多々。そのまま、何年も胃内に残ってしまう異物もあります。

 

異物が腸へまわると、うんちと一緒に排出されることもありますが、腸に残ってしまい腸閉塞になる可能性も。腸閉塞になると激しい嘔吐や下痢を何度も繰り返したり、ぐったりしてくることがあります。

 

症状

異物誤飲で見られる症状は、嘔吐と下痢です。

 

異物が鋭利な金属などだと、胃壁を傷つけて胃潰瘍になる可能性もあります。そうなると、愛レトは胃の痛みを感じて食欲がなくなるかもしれません。

 

胃内の異物がずっと残留していると、胃が空っぽになる明け方などに連日胃液だけを吐くこともあります。「犬は人間よりもよく吐く動物みたいだから」などという油断は禁物。腸閉塞に進行すると命に関わるので、空腹時によく吐くようであれば早期に受診してください。

 

異物が腸にまわって腸閉塞になると、嘔吐と下痢は激しさを増します。食欲がなくなり、部屋の隅などでブルブルと体を震わせて不安そうな様子を見せることもめずらしくありません。そうなったら、一刻も早く動物病院へ!

 

診断方法

異物誤飲が疑われたら、まずは動物病院でレントゲン検査を行うことになるでしょう。金属ならば、はっきりとレントゲンに映ります。

 

プラスチックや布などはレントゲンには映らないので、バリウム造影検査を行います。バリウム造影は造影剤を飲んで数時間おきにレントゲン撮影をします。超音波検査で胃腸の状態を調べることもあります。

 

全身麻酔をかけて、胃内の内視鏡検査をしつつ、内視鏡で取れる異物であればそのまま口から取り出すこともあります。

 

治療法

愛レトが異物を飲み込んだのを目撃していたのであれば、一刻も早く動物病院へ向かいましょう。異物誤飲をした時刻がわかれば、動物病院で伝えるのが重要になるのでメモをしておいてください。

 

胃に入った内容物が腸へと移動するのが、60~90分後。それまでに処置ができれば、異物を吐かせられる可能性があります。動物病院では、催吐剤を注射するなどして、レトが吐くように促します。

 

吐いても異物が出ない場合、またレントゲン検査などで異物が確認された場合、内視鏡を使った手術か、胃切開による手術かを検討することになるかと思います。異物が小さい場合、うんちで排出されるかどうか様子を見るという選択肢があるかもしれません。

 

いずれにしても、自宅内で食塩水やオキシドールを飲ませて吐かせる処置は、愛レトの健康被害を誘引する危険性もあるので控え、獣医師による処置を受けるようにしてください。

 

予防法

異物誤飲の多くは、飼い主さんの心がけ次第で予防することが可能。

 

ゴミ箱をふた付きのものにする、愛レトの口が届きそうなところに愛レトが誤飲しそうなものを置かないのは鉄則と言えます。

 

そのほか、おもちゃは愛レトが飲み込めない大きめのサイズのものを選ぶように。サイズは小さくても、ぬいぐるみの中綿やロープの紐などは、腸にひっかかり閉塞しやすくなるので要注意。念を入れて、愛レトがひとり遊びをしているときは、飼い主さんが監視するようにすればなお安心です。

 

飼い主さんの入浴中など、誤飲事故が起こりそうなときは一時的にクレートに入れておくのも良いでしょう。

 

治療費

診察料(再診料):1,000~2,000円

催吐剤投与:3,000円~

内視鏡手術:30,000円~

開腹手術:150,000円~

※症状や病院によって相場は異なります。あくまでも参考金額です。

 

Search Icon他の「症状」から探す

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事