2019年1月27日3,313 ビュー View

体力ありすぎて雪遊びが独特になるゴールデンレトリーバー

犬が元気に遊んでいる姿を見ていると、こちらまで知らないうちに元気をもらえるものです。しかし、あまりにも元気すぎて逆に心配になってしまうようなケースも珍しくありません。この記事では、元気すぎて思わず「暴走」してしまったゴールデンレトリーバーをご紹介しましょう。

雪上で大回転!?

寒いのが平気な犬種の中には、雪の上で遊ぶのが大好きなものもいます。ゴールデンもそうした「雪好きの犬」のなかに含まれますが、特にこの動画の子の雪好きはかなりハイレベルな感じです。全身を雪にこすりつける姿はまるで柔道の受け身をとっているかのよう…。何がこの子をそこまで駆り立てるのでしょうか?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Systrarna Widebeckさん(@systrarnawidebeck)がシェアした投稿 -

 

 

勢い余って木を引き抜く

1つ目の動画よりもさらに深く降り積もっていますが、ゴールデンはさらにハイスピードで全身を雪にこすりつけています。それだけではとどまらず、そばに生えていた手頃な木をガブリ!力に任せて根っこから引き抜いてしまいました。雪の量が増えるのに合わせてテンションも倍増してしまったかのでしょうか…?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Systrarna Widebeckさん(@systrarnawidebeck)がシェアした投稿 -

 

遥か遠くから全力疾走

雪に興奮したゴールデンのテンションは、狭い範囲には収まりません。雪が降り積もった林の中、目には見えないほど遠くから2頭で競争です。途中、木の枝が横たわって障害物になっているのに気がつき、2頭ともジャンプしてかわしているのはさすがというほかはないでしょう。競争の結果はゴール手前で加速した左側の子の勝ち。オーナーに「よくやった」と褒めてもらえたらいいですね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Systrarna Widebeckさん(@systrarnawidebeck)がシェアした投稿 -

 

寒い冬が到来すると、人間であればついつい気分がふさぎがちになってしまうものです。ましてや、冷たい雪が大量に降り積もったとあっては移動するのも大変になりますし、春の到来が待ち遠しくなってしまうでしょう。しかし、犬たちはそうした嫌がる素振りをまったく見せずに全力で冬という季節を楽しんでいます。我々人間もウィンタースポーツを楽しんだり、冬ならではの風景の美しさに関心を寄せたりするなど、冬や雪を楽しむ心の余裕を持つべきなのかもしれませんね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

何があった!お疲れ顔のラブラドールが心配だけど可愛い件

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧