2019年2月23日1,065 ビュー View

レト種「フラッティ」の水遊びが激しすぎてついていくのが大変な件。

レトリーバーは、走ったり飛んだりすることだけでなく、泳ぎも得意な犬種です。フラットコーテッド・レトリーバー(フラッティ)もその例に漏れず、水の上で遊ぶのが大好き。訓練すれば水上でのボール投げもできるようになります。フラッティの泳ぎが果たしてどれほどのものなのか、シチュエーション別に水上ボール遊びの様子を動画で見てみることにしましょう。

レトリーバー,水遊び

gp88/shutterstock

ハイスピードの犬かき

まずはスタンダードに、大きな湖の上での水上ボール遊びです。ボールに向かって一直線。桟橋から水中にダイブして勢いよくターゲット目がけて泳ぎだしています。後ろで見守るもう1頭は心配そうな様子ですが、まもなく目標をゲットして引き返してきました。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jen Metzgerさん(@telluridetails)がシェアした投稿 -

 

川の流れをかき分けて

では、流れのある川の中ではどうでしょうか?川幅が10m以上もあるような大きな川を泳いで横切り、見事ターゲットを川岸まで運んでいます。流れがあるのでまっすぐ進もうとしても斜めになってしまうはずですが、それに逆らおうと少し流れの上流に向かって進んでいるのがわかりますね。出迎えるもう1頭も、水面をパンパン叩いて岸までやってきた仲間を騒がしく出迎えています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jen Metzgerさん(@telluridetails)がシェアした投稿 -

 

大波を利用しての帰還

水中で川よりも激しい抵抗がある場所といえば、やはり海でしょう。こちらの動画では大波が押し寄せる浜辺での水上ボール遊びにチャレンジしています。波は川とは違い「寄せては返す」ものですから、うまくタイミングを合わせて泳ぎ方を調節しなければいけません。このフラッティはその点、波が浜辺に打ち寄せてくるタイミングに合わせて一気に前進し陸まで戻ってきています。本来障害となるべき波の抵抗を逆に利用した賢い方法ですね!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jen Metzgerさん(@telluridetails)がシェアした投稿 -

 

フラッティの水上ボール遊び、いかがだったでしょうか?ただ遊んでいるように見えるかもしれませんが、彼らにとっては狩りの訓練と同じこと。いち早くボールを持ち帰ってオーナーに喜んでもらおうといつも必死なのです。そんな彼らの気持ちに応えるためにも、うまくいったときは全力で褒めてあげたいですね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

華麗なる大ジャンプ!フラットコーテッド・レトリーバーに釘付け

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事