2019年5月10日1,797 ビュー View

【哀愁】飼い主のごはんを“見つめるだけ”のレトリーバーが切なすぎるのだが…

食事の時間は、人間にとっても犬たちにとっても嬉しい時間ですよね。犬の嗅覚は、人間の100万倍以上と言われていますので、食事の時間になると居ても立っても居られないという状態になる犬もいるようです。今回は、人間のご飯をみつめるゴールデンレトリーバーたちを集めました。

この記事のタイトルとURLをコピー

いい匂いですね

鴨南蛮そばをじっとみつめているのはモンティーちゃん。鼻先を器のぎりぎりまで寄せ、香りを堪能しています。お皿の上の鴨肉は、写真からも美味しさが伝わってきますね。景色が良い場所のようですが、モンティーちゃんは周りには一切目を向けることなく、目の前の食べ物に夢中の様子。2枚目の写真では、思わず舌が出ていますが、こちらの写真もギリギリのところで我慢していて偉い! 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Monty_Goldenさん(@golden_montytokyo)がシェアした投稿 -

 

ちょっとでいいから見せて

人間の食べ物に興味津々で家族の腕の中から顔を出しているのは、ジャッキーちゃん。帰宅したお父さんの晩御飯が気になって、顔を出していますが、見るだけで我慢していますね。どんなメニューがあるのか気になるのでしょう。ジャッキーちゃんはグイグイ顔を出すそうです。お父さんの体にロックオンされているので、これ以上は近づけませんが、少しでもメニューを確認できたことで満足できたかな? 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@jackie_m_mamaがシェアした投稿 -

 

はぁ、かまって欲しいなぁ

ソファーの上から家族を眺めているのはモッシュちゃん。食事中は別の場所にいるようですが、テレビを観ることはなく、寝ることもなく、ひたすらお食事の様子をみつめています。しかも、なんとも悲し気な表情ですから、これを見た家族は気になってしょうがないようです。一人で待つ食事の時間は長いかな。モッシュちゃん、もう少しだよ。頑張って! 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

mosh324さん(@golden_mosh)がシェアした投稿 -

 

食べたいという本能を抑えることは人間でも大変なのですが、犬にとって人間の食べ物はNGフードです。どんなに欲しがっても絶対にあげないことで自分の食べ物ではないことを理解する子は多いようです。「今日はあげる。明日はあげない」というように不定期であげることは止めましょう。味を覚えて、欲しがることになってしまうので、あげないと決めたら徹底することで人間の食べ物へ興味を持たないようになっていきます。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

腹が減っては何もできぬ。ラブラドールのもぐもぐタイムに潜入

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事