2019年5月25日4,284 ビュー View

ゴールデンの子犬、10ヶ月後には驚きの大きさに!〜愛犬家が考えた素敵なハッシュタグ〜

海外の愛犬家から人気に火が点いた「#barked10monthschallenge」というハッシュタグをご存知でしょうか? 愛犬の10ヶ月間の成長を1枚の写真に収めてインスタグラムに投稿することで、今ワンちゃんを飼っているインスタグラマーさんがこぞって投稿されています。特に大型犬のゴールデンレトリーバーは、生まれてからたった10ヶ月で何倍にも大きく成長しますよね。今回はゴールデンパピー達の「#barked10monthschallenge」を集めました。

顔つきはあんまり変わらないね

随分体が大きくなって、顔まわりもシュッとした輪郭にはなってきていますが、目つきや口元は小さい頃の面影が大きくなってからもしっかりと残っています。顔つきはもちろんですが、よく見ると座り方にも面影が残っていませんか? 私たちから見て少しお尻が左にズレているような…。そのクセも個性のひとつとして愛おしく感じられてしまいます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sadie | The Golden Retrieverさん(@sadiepawsdaily)がシェアした投稿 -

 

そろそろ箱に収まりきらない! 

1ヶ月ごとに撮られたお写真。パピーの頃から成長を写真として残していると、たった10ヶ月でこんなに大きくなったんだ! ととても驚かされます。ずっと同じ箱に入ってお写真を撮られていますが、生後2ヶ月の頃はこんなに余裕があった段ボール箱も、生後10ヶ月になるともう収まりきらなくなって、箱が壊れてしまいそうです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Paisley + Poppyさん(@paisleypluspoppy)がシェアした投稿 -

 

10年でこんなに大きくなりました

階段の影から覗くような構図は、3ヶ月と13ヶ月で全く同じ。しかし、サイズといい表情といい、存在感は圧倒的に大きくなっています。それでもまだ生後13ヶ月。ゴールデンは個体差はあるものの1歳で骨格が完成し、1歳半で体つきも成犬に近づくと言われています。これからどんどん大人っぽい顔つきになっていくのでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mauiさん(@maui_thegoldenpup)がシェアした投稿 -

 

大人になってからでは子供の頃のお写真を撮ることはできません。それは人間でもワンちゃんでも同じことですよね。特にゴールデンは生後1年以内にどんどん成長して、たった1週間経つだけでも体の大きさが随分変わります。パピーを飼い始めた方は、ぜひその成長を逃さないようカメラに納めてあげてくださいね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【圧巻】見よ!これがレトのパピーフォーメーションだ!

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧