2019年6月8日7,604 ビュー View

ラブラドールは、たった21週でこんなに大きく成長します!【ほっこり動画】

大型犬を代表するラブラドールレトリーバー。当たり前だけれど、彼らにもカラダの小さなパピー期がありました。ところが成長は著しく、半年も立たない間にそれはもう立派な体つきになります。 今回ご紹介するのは、ラブラドールレトリーバーの生後から5ヶ月後までの成長を追ったもの。“あるもの”と比較しながら紹介しているので、とってもわかりやすいですよ!

アメリカ在住のラブラドール、名前は「ニンジャ」

今回ご紹介するのは、アメリカ在住のイエローラブ。名前はなんと、ニンジャ!

 

現在のニンジャはラブラドールらしく筋肉隆々で、たくましい体つき。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

💕🐾 Miko The Labrador Ninja 🐾💕さん(@mikothelabradorninja)がシェアした投稿 -

 

ボール遊びが大好きで、お兄ちゃんやパパともよく遊んでいます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

💕🐾 Miko The Labrador Ninja 🐾💕さん(@mikothelabradorninja)がシェアした投稿 -

 

成長をつづった動画が感動的!

ニンジャのパパさんは、SNS以外にもYouTubeチャンネルをもっていて、ニンジャの成長を届けています。

 

中でも人気の動画は、ニンジャの生後8週目〜21週目(およそ5ヶ月)をまとめたもの。

 

生後8週目のころは、今の面影がないほど小さくて儚い存在。

注目してほしいのは、比較対象になっている「ドル札」です。

 

ニンジャのパパさんは一週間ごとに「ドル札」と比較した写真を撮影し、その成長ぶりを1本の動画にまとめているのです。

 

ちなみに、翌週(9週目)はこんな感じ。まだまだ幼くて小さくて、小型犬のような可愛らしさがありますね。

 

さらに翌週の10週目になると、あどけなさは残りつつもラブラドールらしさが出てきました。

 

少し飛んで15週目になると、ひと目でラブラドールだとわかるほど、立派な体つきに。

 

そして、最後の21週目(約5ヶ月後)には、成犬に近しいほど大きく成長しています。足も長くなり、ラブラドールの平均体高である「55cm前後」に近づいていますね。

比較対象の「ドル札」には目がいかないほど小さく見えます。

 

ニンジャのパパさんは、この成長を1本の動画でまとめていますので、ぜひ我が子を思い出しながらご覧になってみてくださいね。

 

こういう動画って、とっても素敵な記念になるかも! なんだか感動してしまう…。

 

動画の本編はこちら。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

ソファで眠るラブラドールが、もはや人間でしかない

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧