2019年6月21日9,491 ビュー View

レトリーバーの親子愛を見ていたら、自分の父母にも優しくしようと思えてきた…【犬に学ぶ】

親子愛…我々もイイ大人になってくると、この言葉を聞くだけでウルッとくるものです。

今回集めたのは、そんな親子愛が伝わるレトリーバーたちの写真や動画。

自分のお父さん・お母さんにもっと優しくしよう…改めて、そんなことを思ってしまいます。

ソファーの上でお父さんとリラックス

ソファーの上でリラックスをするお父さんと子どもレトリーバー。お父さんは座っていますが、子どもは伏せてよりリラックスしているように見えますね。実は犬の伏せには、気持ちを表すシグナルがあるのです。状況にもよりますが、伏せているのは服従している証でもあるので、お父さんレトリーバーやオーナーに忠誠を誓っているのかもしれませんね。お父さんも自分の子供を守っているように見える、大変微笑ましい写真です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dog Buddyz 🐶さん(@dog.buddyz)がシェアした投稿 -

 

やんちゃ盛りな子犬を見守る

ケージの中で、大人のレトリーバーが4頭の子犬を見守っています。子犬の大きさからすると生後数ヵ月は経っているように見受けられますが、まだまだやんちゃな盛りです。ある子犬は大人レトリーバーのお腹を山登りのように渡っていったり、ある子犬は走り回ってちょっかいを出しにきたりします。それでも大人のレトリーバーは、優しい顔つきで子どもを見守っているのが特徴的ですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

The Wiggiesさん(@suncrestgoldenretrievers)がシェアした投稿 -

 

夫婦で子犬を観察中

人間と同様、生まれたての子どもを夫婦で見るのは至福の時間です。夫婦のレトリーバーが7頭の子どもたちを伏せて観察しています。1番の項でもご紹介しましたが、伏せているのは気持ちを表すシグナルです。リラックスを表すとともに、相手にも落ち着かせようとする意味があるようです。きっと子供たちにも安心してという気持ちを伝えているのでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

RetrieverFriendさん(@retrieverfriend)がシェアした投稿 -

 

ゴールデンの親子も人間と同じように触れ合い、親が子どもを優しく見守っているのがわかる画像でしたね。親子の触れ合いを見るのはとても微笑ましいですが、いつかは子離れをしますので、この触れ合いを見られるのもほんのわずかな時間です。そう考えると、とても大切にしたい時間ですね。それは、私たち人間も同じなのかもしれません。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

騒がしい子犬たち。ゴル母が叱ると一瞬で黙る!〜犬のことは犬に学べ【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事