2019年6月20日17,085 ビュー View

「イタズラをしたのは君かい?」という問いに、眠ったふりを貫くラブラドール【声だして笑った】

「賢い犬」というものは、時にとんでもないことをしでかす事があるようです。

今回ご紹介するのは、賢い犬の代表・ラブラドールレトリーバーの“ごまかし”映像。

まるで寸劇を見ているような見事な演技力…これは許すしかありません!

勝手にオヤツを食べたのは誰!?

今日の主人公は、ラブラドールレトリーバー1頭・ゴールデンレトリーバー1頭と暮らす、とある家族。

 

ある日オーナーが目を離したすきに、猫ちゃんのオヤツを開封して食べた形跡が…。

 

これは許される行為ではない! そう考えたオーナーさんは、ゴールデンとラブラドールに「誰がやったの?」と問い詰めることにしました。

 

ゴールデン「私ではありません」

まずは、ゴールデンレトリーバーから。

 

「こっちを向いてごらん? これは君がやったのかい?」

 

そんなオーナーさんの問いかけに対し、ゴールデンは素直に「私ではありません」と答えているように見えます。

 

 

オーナーさんが怒っていることは察知しているため、元気いっぱい! というわけではありませんが、その目は自信に満ちていることがわかります。

 

ラブラドール「……Zzz…(歯をムキッ)」

つづいては、ラブラドールの番です。彼の名前はデンバー。

 

オーナーは、先ほどのゴールデンと同じように「君がやったのかい?」と問いかけます。

 

すると…なんと、眠ったふりを始めたデンバー。

 

「君なのかい? どうしたの?」

 

意外な反応に驚きを隠せない様子のオーナー。

 

そして「顔を見せてごらん」と、トドメの一発! オーナーとレトリーバーの仲ですから、お互い顔を見れば嘘をついているかは一瞬でわかります。

 

追い詰められたデンバーは、“寝たふり”をやめてオーナーの顔を見なければいけなくなりました。

 

とうとう諦めたのかと思いきや、まさかのこの表情!

 

歯をムキッと出して対抗しようとしているのでしょうが、「ヤベェ…」という気持ちが出てしまい、ご覧の様。

 

よく見れば、まだ眠ったふりをつづけているではありませんか!

 

最後まで貫こうとする姿勢は褒めてあげたい。しかし、あまりにも嘘が下手くそだ…!

 

必ず爆笑してしまう動画は、こちら。

 

レトリーバーは、本当に賢い犬種。でも、時にそれが間違った方向へいくことがあるのか、今回は「寝たふりで押し通せる」とチャレンジした策が大失敗に終わりました。

 

デンバーよ。オーナーはあなたのことを愛しているからこそ、嘘はすべてバレバレなんだよ。君だって、オーナーの嘘は瞬時に見抜くだろ?

 

それにしても…まるで寸劇を見ているようなデンバーの演技は、見応えバツグンでしたね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「気づいたらこうなってた」 ラブラドールの下手すぎる嘘に笑うしかない…

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事