2019年7月2日3,227 ビュー View

【幸せ動画】ラブラドールと暮らすモーニングルーティン、見ているだけで幸せ♡

カラダが大きくて頭も良い。そんなラブラドールレトリーバーたちは、しっかりトレーニングができれば最高の相棒になってくれます。

今回ご紹介するのは、ラブラドールレトリーバーと暮らす場合のモーニングルーティン。

ラブラドールを迎えようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか!?

起床は、a.m.6:30!

ラブラドールレトリーバーと暮らす家族の朝は少し早め。

ごはんを食べてしっかりお散歩をするから、朝も余裕を持って起きなければなりません。

 

今日の主人公、ラブラドールレトリーバーの「ザズ」も毎朝6:30に起きるのがお決まり。

 

そして同じベッドで眠り、いっしょに目覚めるのもまた、犬と暮らす最高の喜びでもあります。

 

幸せの朝ごはん

食べることが大好きなラブラドールは、朝からしっかりごはんを食べます。

 

ザズ専用のごはんボックスからいつものフードを取り出して、「おすわり→よし」の合図で食事がスタート。

終始しっぽを振って、なんとも嬉しそう。

 

お庭で排泄タイム

ごはんが終わったら、お庭で排泄タイム。

 

お外で用をたす派のザズにとっては、食事のあとにお庭へ行くのもモーニングルーティンのひとつ。

 

家族は排泄の邪魔をしないように、お部屋の中から見届けています。

 

「ママー、おわったよ」

 

リードは自分で用意して、お散歩へ!

ごはんを食べて排泄をすませたら、朝のお散歩へ。

 

ラブラドールレトリーバーは運動が大好きですから、朝からたっぷりカラダを動かせてあげないといけません。

 

お散歩が大好きなザズは「お散歩へ行くからリードを取って」と言われると、自らリードを運んで準備を始めます。

これもまた、オーナーと愛レトが言葉と心で通じ合っていることを再認識できる、幸せな瞬間。

 

ノーリード可能な場所へ行って、走ったり遊んだり…朝の運動は今日もバッチリ。

 

玄関で出入りをする際は、必ず「おすわり」をさせているのも素晴らしい! 

こうしたルーティンの積み重ねがあるからこそ、ふたりの関係性は完璧なのかもしれませんね。

 

至福の二度寝タイム

犬たちにとって、寝ることも仕事のひとつ。

 

朝の運動が終わったら、お気に入りの場所でゆっくり二度寝。

気持ち良さそうに眠る姿もまた、オーナーにとっては幸せな瞬間なのです。

 

見ているだけで笑顔になっちゃうほっこり動画はこちら!

 

ラブラドールレトリーバーと暮らしたら、こんなに幸せな毎日が待っています。

 

朝の早起きも運動も苦にならないほど幸せな生活を与えてくれるラブラドールレトリーバーとの暮らし。

 

ちょっとだけ、味わえたような気がする素敵な動画でした♡

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

ラブラドールの子犬、初めての注射で爆睡!こりゃ大物になるゾ。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事