2019年9月1日1,677 ビュー View

【ハロー秋!】15歳のラブラドール「ウィンリィ」が、秋散歩で見つけたアレコレ♡

ウィンリィは神戸で暮らすラブラドール。オーナーさんがカメラを向けると、ニッコリと優しい笑顔を見せてくれます。そんなウィンリィはオーナーさんとともに自然を感じながら散歩するのが大好き。秋が近づくと、散歩道にも色々な変化があるようです。

ススキを揺らす秋風が気持ちいい~

夏じゅう、太陽の光をいっぱいに浴び、ぐんぐんと背丈を伸ばしていた道端のススキ。秋になるとこんな風に穂をつけ、サワサワと一斉に秋風に穂を揺らします。風を浴びながら、クンクンと香りをかぐようなしぐさのウィンリィ。秋の匂いを感じているのでしょうか。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Akemiさん(@akemi_winchan)がシェアした投稿 -

 

コスモス畑でニッコニコ

一面のコスモス畑では、ウィンリィの体高ほどもある長い茎が伸び、その先にピンク色の花がたくさん揺れています。そのコスモスの花に埋もれながら、ニッコリとほほ笑んでいるように見えるウィンリィ。どうやらコスモス畑が気に入ったみたいですね。ここでもウィンリィは鼻先を高く上げ、コスモスや風の匂いをかぎとっているようです。毎年ここのコスモスに会いに来ていること、ちゃんと覚えているみたい。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Akemiさん(@akemi_winchan)がシェアした投稿 -

 

見て見て~カラスウリのイヤリング

ウィンリィの耳元をイヤリングのように飾っているのはカラスウリ。オーナーさんによれば、最初はヘッドホンのつもりで頭にツルを乗せたのだけれど、歩いているうちにだんだん実が耳の下に垂れていってしまったみたい。カラスウリは秋になると実をつけ、熟すとこのように濃いオレンジ色になっていくのだそうです。一見すると柿に似ていて美味しそうに見えるけれど、苦くて食用には向かないんですって。「な~んだ、食べられないのか~」と、ひょっとしてウィンリィも匂いでかわるのかな? 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Akemiさん(@akemi_winchan)がシェアした投稿 -

 

毎日愛レトと散歩をしていると、同じように見える景色でも少しずつ四季の変化を肌で感じられるもの。ウィンリィの姿を見ていると、ラブラドールレトリーバーもそんな季節の移り変わりをちゃんと記憶しているように見えてきますね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

頰がゆるむ♡猫とラブラドールの仲良しシーン

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧