2019年10月11日1,395 ビュー View

「ハロウィンて美味いのか?」ゴールデンにとってカボチャは珍妙な存在。

もうすぐハロウィン! ハロウィンといえばカボチャですが、妙な存在感がありますよね。

そんなカボチャがそこにあったなら、ゴールデンレトリーバーたちも何か特別なものを感じるでしょうか…?

ゴールデンレトリーバー

AnnyStudio/shutterstock

大きなカボチャをパクッ

こちらはハロウィンの1コマ。魔女の帽子をかぶったゴールデンレトリーバーのKaceyが、カプッと噛みついているのは自分と同じぐらいの大きさのカボチャ! 食べられるのか、食べられないのか、Kaceyは気になったのでしょうか。ひょっとすると味見しているのかもしれません。ただ、Kaceyがかじっているのはカボチャの茎の部分。すっかり乾燥しているようにも見えますし、いったいどんな味がしたことやら…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kacey the Golden Retrieverさん(@kaceythegolden)がシェアした投稿 -

 

おやつかな!? 期待に輝く瞳

オーナーさんのご実家から届いたという立派なカボチャがキッチンの上に。深い緑色に丸まるとしたバランスの良い形状で、見た目からもこのカボチャがホクホクと美味しいということが伺えます。カボチャの美味しそうな匂いもすでにただよっているのでしょうか。台所の下には、キラキラと目を輝かせているゴールデンレトリーバーが。「それ、おやつ!?」と、どうやら期待に胸を躍らせているみたいです。オーナーさんによれば、このゴールデンたちは「お料理教室」の生徒さんたち。それならカボチャの味だって勉強してみなくっちゃね!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

モコスマシャロン母さん(@mocosmile935)がシェアした投稿 -

 

カボチャが怖い…

木立の間を通る小道は、散歩にはもってこい。道端には落ち葉が敷き詰められ…。おや、あのオレンジの物体は何でしょうか。ゴールデンレトリーバーが恐るおそる近づいていっています。クンクンとまずは匂いをかいで、すぐにバック。振り返り振り返り、「ねえねえ、変なやつがいるよ!」と報告するかのようにオーナーさんのほうに戻ってきました。オレンジ色の物体の正体はカボチャ。どうやら誰かが切り株の上に置いていったみたいです。ジャックランタンはもともと伝説上の妖怪のようなものらしいのですが、このゴールデンにとってカボチャは不思議な生き物にでも見えたのかな?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Boris Brnićさん(@brnic_b)がシェアした投稿 -

 

カボチャを目の前にしたゴールデンレトリーバーのリアクションがさまざまで楽しいですね。あまり大きいと食べ物というよりも何かしらの怪しい物体に見えてしまうこともあるようです。また、話に聞くと、日本でよく見られる深緑色のカボチャは美味しいですが、西洋でハロウィンの飾り用にされる大きなオレンジ色のカボチャは美味しくないのだとか。ゴールデンレトリーバーたちも匂いで食べ物かどうか判断しているかもしれませんね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「またハイハイうまくなった?」兄のように赤ちゃんを見守るラブラドールがカッコイイ【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧