2019年10月12日2,907 ビュー View

「俺は悪くない、出口が小さいだけだ」成長したラブラドールのカワイイ行動と言い訳に笑う【動画3本】

犬は成長が早く、子犬から成犬になる過程で体もあっという間に大きくなります。しかし、他ならぬ犬自身は自分の体が成長していることに気づいていないことも? 体が大きくなってしまってあっちこっちにつっかえてしまう愛らしいラブラドールの姿をご覧ください。

もっと出入口を大きくしてくれないと!

ゴン太も体が大きくなってしまったから、この犬用ドアを通れなくなったのでしょうか。部屋のなかに入りたいのに、体が大きいために頭しか出すことができません。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

津野 ゴン太さん(@gontawaalabnodaifugou)がシェアした投稿 -

 

前足で出入口を引っかいてみたりもしていますが、もちろんそんなことで通れるようになるわけもなく…。しきりと出入口から顔を出しては、解決方法を探すように左右を眺めています。

これは、お父さんに犬用ドアの出入口を今よりも大きく作り直してもらうしかなさそうですね。それよりもとりあえずは部屋のなかに入りたいゴン太でした。

 

大きくなった証拠だよね!?

格子状になっている引き戸には、マス目によってガラスの入っているところといないところが。その、ガラスの入っていない一番下のマス目の穴を、ラブラドールレトリーバーの子犬は通り抜けようとしたみたい。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Chocnut The Derpy Doggoさん(@nuts4chocnut)がシェアした投稿 -

 

ひょっとしたら、もっと小さなころにはこのラブも、細長い穴を軽々とくぐり抜けていたのかもしれませんね。しかし、成長するうちにお腹がつっかえるようになってしまったのでは…?

カメラには写っていませんが、オーナーさんが穴からの脱出を手助けしてくれたみたいで、ラブも無事抜け出すことができました。もう、今の体の大きさではあの穴はくぐれないって、忘れないようにね!

 

お腹がつっかえてしまいまちた~

1頭、また1頭とやって来るラブラドールレトリーバーの子犬たち。元気なラブがこんなにたくさんいては、オーナーさんもお世話がたいへんかもしれませんが、それ以上に子犬たちがかわいくて疲れも吹き飛びそうですね!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

RinRinドッグスクールさん(@rinrindogschool)がシェアした投稿 -

 

おや、ほとんどのラブの子犬たちは、ケージの柵を何とか跳び越えていますが、1頭だけその手前でためらっている子がいますね。あとからやってきた子犬に追い越されても、柵を跳び越えようとはせずに立ち止まっています。

その子もようやくジャンプして柵を乗り越えたと思ったら…お腹がつっかえてしまいました~! それでも自力で体を引っ張って、無事に柵を乗り越え、また一歩成長した子犬なのでした。

 

 

子犬のときには簡単にくぐり抜けられた穴に、大きくなると入ることもできなくなるのは大型犬であるラブラドールレトリーバーの宿命かもしれません。ただ、一生懸命なラブたちには申し訳ないけれど、こんな風に体のつっかえちゃった犬たちはとても可愛らしく感じられます!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「うん、上手に乗れたね〜」子どもに何をされても怒らないラブラドールが神【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧