2019年12月2日4,752 ビュー View

(バシッ)「コッチ来るニャ〜!」腰が低すぎるラブラドール。強気な猫さんに文句が言えず、耐える【動画2本】

ラブラドールレトリーバーの優秀さは犬の中でもピカイチ。しかし、その優しさゆえに腰が低い子ばかり。とくに猫を前にすると、どうしても負けてしまう…ということも少なくないようです。大型犬とは思えないラブの“小さくなった”ようすをどうぞご覧ください。

ウマウマが欲しいラブ。でも…

猫の隣にいるのは、なんだか落ち着かないようすのラブラドール。

 

それもそのはず。

ふたりの視線の先にはウマウマを持ったオーナーさんがいたのでした。

 

食いしんぼうなラブは待ち遠しいのでしょうね!

 

そんなラブの口元に向かってようやくオーナーさんがウマウマを投げた瞬間…

 

「待ってましたー!」(アーーン)

 

もうめいっぱいお口を開けて、受け入れ体勢はバッチリです……がしかし!

 

お隣にいる猫のようすをみてください。

お口あんぐりと同時に、なんと猫の手元も動いたのです。

 

まさか。ウマウマを横取り?

いやまさか。さすがにそんなことは…!

 

がーん。悪い予感的中。

我々の予想は、見事当たってしまいました。

 

ラブの口に入る寸前のウマウマを、猫が得意のパンチで払いのけてしまったのです。

 

もちろんおやつはスコーンと飛びおちます…。

 

もう少しで口の中に入るところだったウマウマ。

これはもう、逆に無念な状況です。

 

そんな突然のアクシデントに、呆気にとられたラブの表情がこちら。

 

「ま じ か…!」

 

このあとラブは必死で落ちたウマウマを食べていましたが、猫はまるで一仕事終えたかのように、雄叫びをあげるようなこの表情のまま退散。

 

えええ、邪魔だけして居なくなるの…!

 

きっと猫は、ただラブに構いたかっただけなのでしょうね。

 

素直でいいこなラブの心が、ざわめきたってしまった瞬間でした。

 

猫にベッドをとられたラブ

では、また別のラブを見てみましょう。

 

こちらのラブラドールは、猫に自分のベッドをとられてしまったようです。

 

助けを求めるかのようにカメラ目線をくれていますが、ここは当人同士でなんとかしてもらいたいもの。

 

オーナーさんがラブに応援のエールを送ると、なんとかに自ら交渉を始めました。

 

さすが勇気溢れるラブラドール!

 

頑張っている姿を見ると、我が子の健気な奮闘を見届ける気持ちで、なんだか胸が熱くなってくるようですね。

 

猫パンチをくらう。

は〜もう、なんということでしょうか。

 

胸を熱くする瞬間も秒で終了、速攻でパンチをくらってしまうという悲しすぎる悲劇が発生しました。

 

しかもよく見るとダブルで…。

 

すると、早くも心が折れたのかラブはオーナーさんのもとへトボトボ。

 

もはや自分の力ではどうにも出来ないことを身をもって感じたラブは、オーナーさんにヘルプを要請したのです。

 

「なんとかしてくれない…?」(シュン)

 

もう、そういうところは賢いんだから。

 

でも一応は自分で頑張ったのだから、この後はオーナーさんも助けてあげたかもしれませんね。

 

ラブラドールを一目見て、勇敢な雰囲気が「かっこいい」と微笑んでしまうひとは多いはず。

 

でも、こんなに謙虚でかわいらしい一面もあるのです。

 

このように自分より小さい子にやられっぱなしでも平和でいられるのは、やっぱりラブの心の広さがあるからだと思いますよ。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「それボクの…」気づかぬ間に猫におもちゃを使われたラブラドール。その表情がせつな可愛い【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧