2019年12月16日5,973 ビュー View

大きな体の中には、ピュアな感情と深い愛情がぎっしり…それがラブラドール。だから愛さずにはいられないよね。

今回はの記事のタイトルにぎゅっとラブラドールの特徴を入れ込みましたが、そのことを感じられる、彼らの性格が表れたポストをいくつかご紹介したいと思います。本当に、彼らの大きな体の中にはたくさんの愛情とピュアがぎっしり。どうぞ、改めて彼らの魅力に触れてみくださいね。

ラブの愛情は、海より深いかも。

こちらのコンビは、とっても優しいお姉ちゃんラブのキャンディ、ちょっぴり気が強いという妹のミックス犬ラテさんコンビです。

 

ラテさんはご覧の通り、キャンディよりもはるかに小さな体。

チワワとポメラニアンのミックスということで、その大きさにも頷けます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

キャンディ♡ラテ(@candy_late1613)がシェアした投稿 -

 

そんな姉妹コンビですが、まるで自分も同じ大きさ…かと思っているのではないかと思えるほどに縮こまり、優しくラテさんに甘えるキャンディの姿が。

 
ラブは、相手を愛しているだけであって、そんな凸凹は気にしないのです。
 
ただ、気にしないあまり、たまに激しくアタックをされることもありますが、ラテさんへの添い寝はあくまでそっとお顔を乗せているように見えますね。
 
そこは大事な妹。守るべき存在として理解している証拠なのでしょう。
 
これはまた別の日。姉妹は、いつもこのように寄り添って寝ているのですよ。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

キャンディ♡ラテ(@candy_late1613)がシェアした投稿 -

 

本当に仲良しの凸凹姉妹。微笑ましすぎますね。

 

愛でる優しさを持っている

そんな風に深い愛情を持っているラブラドールは、愛でるという感情も持ち合わせているよう。

 

後ろ姿のラブの名前はテツ。オーナーさん曰く甘えたさんのヤンチャっ子だそうです。

 

そんなテツは今何をしているかというと…どうぞ画像の上部をご覧ください。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

テツ(@i_am_tetsu0707)がシェアした投稿 -

 
テツのことを見ている、小さなリスの姿が見えましたか?
 
テツは今、大きな背中を丸めて、リスのテトのことを探していたのです。
 
テトの様子を探ろうとのぞいているところですが、テトは上の方にいるということにテツは気づいていません。
 
「大好きなテトがいないなぁ」と思って見ていたのでした。
 
そう思うと、この後ろ姿がたまらなく愛おしく感じてきますよね。
 

ちょいズボラです。

こちらは動画でご紹介します。登場するのはらんらん。

 

階段の途中で一体何をしていたかというと、らんらんは上の階からオーナーさんの様子を見に下りてきたのだそう。

 

しかし、なんと最後の一段だけ残して面倒になり、そのポジションからあたりの様子を探っていたのでした。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

らんらん🐶Lanlan(@labradorretriever.lanlan)がシェアした投稿 -

 
なんだかカエルのようなおかしな格好になっているし…しかもあと一段ならもう下りてしまえばいいのに…と思ってしまいますよね。
 
でもそんな謎なズボラを出すところが、普段のいい子ちゃんだけじゃない部分が垣間みえてまた愛らしく見えるものです。
 

素直すぎて怒れない

ラブラドールはとにかくピュアな犬。それはレトラバーじゃなくても知っているという方も多いでしょう。

そんな様子が超わかってしまうポストがこちら。

 

こちらの黒ラブはゆめ。まさに「後の祭り」と言えそうな遠い目をして、荒れ果てた部屋の中で佇んでいます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yume The Black Lab🐾(@dreaming_yume_dreaming)がシェアした投稿 -

 
そうです、もちろんこのゴミの散乱はゆめの仕業。
通常ならば叱るところでしょう。
 
しかし、どうぞスワイプしてみてください。
このお顔を見て、誰が真剣に怒れるというのでしょうか…。
確実に自分の犯した過ちを理解しています。
であれば、「もうしないでね…」というしかないでしょう…。
 
さて、今回は愛すべきラブラドールの性格の一部に触れました。
もちろん、彼らの魅力はこんなものではありません。
 
しかし、穏やかで優しい彼らの一端は感じていただけたのではないでしょうか。
そして、ますます愛おしくなってしまった方もいるでしょう。
 
これからも、魅力が深すぎるラブのことを大切に、愛でていきましょうね。
 

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • オリジンジャパン,フード,レト