2019年12月19日31,039 ビュー View

ライオンがラブラドールの足にキスして渾身の「ごめんね」。もう、映画のワンシーンにしか見えない…【動画】

優しい性格のラブラドール。自分より小さい相手に対して、持ち前の包容力で接することも多いです。でもときには感情のままに接することも。ラブだってご機嫌ではない日もあるのですからね。今回は、映画のワンシーンのような動画をお届け。ラブとライオンの“ノンフィクション・ショートストーリー”をご覧ください!

ラブの昔からの友達とは

今回の主人公は、ラブラドールとライオンのおふたりです。

ラブのカミラさんとライオンのミキさんは、昔からの仲良し。

 

一般的に考えれば珍しい組み合わせではありますが、友情に動物の種類なんて関係ないのです。

 

それにしても。

 

当たり前ではありますが、大型犬のラブよりずっと大きいライオンは迫力がスゴイですよね。

 

そんなミキさんが片足を出した…と思いきや。

 

そっとカミラさんの前足を手に取りました。

 

決して攻撃的な様子はまったくなく、大事そうにカミラさんを扱っているように見えます。

 

まさかの、ラブの手にキス!

そして、なんとそのまま驚きの行動に。

 

ミキさんが、カミラさんの前足にそっとキスをしたのです。

 

まるで映画のワンシーンのような美しさ。

もう、ミキさんが王子様に見えてきた…。

 

手にキスをするという行為には、敬愛や懇願といった意味合いがあると言われています。

 

動画のタイトルによると「許して欲しい」という気持ちを込めているそうです。

 

ミキさんがカミラさんになにかしてしまって、そのお詫びということが予想できます。

 

気持ちは伝わらず、逃げられた…

でも、そんな心を込めたキスにも無反応なカミラさん。

 

ふたりの間には、なんだか重たい空気が流れています。

 

そこで沈黙を破ったのは、ここでもやっぱりミキさんのほう。

 

もう一度カミラさんの手をとったのですが、悲しくも跳ね除けられてしまいました。

 

「もう、知らない!」とミキさんを置いて走っていくカミラさん。

 

これにたいして、ミキさんの呆然した様子をご覧ください。

 

「そんな…」

 

悲しそうすぎて、助けてあげたくなります。

 

この後、ミキさんはめげずにカミラさんを追っていきました。

 

ライオン相手とも対等に友情関係を築いていたラブラドール。

 

ちょっぴり気まずい場面ではありましたが、本音を言える友達は人生において大切です。

 

普段温厚なラブがこんなに感情的になるのは、きっとこの友情がホンモノだという証。

 

悲しそうなライオンのことが気がかりですが、どうかふたりが仲直りできますように…。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

生き物の垣根を超えた“チーターとラブラドール”に芽生えた友情。相手を思いやる姿にホロリとくる【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • オリジンジャパン,フード,レト