2020年2月11日7,261 ビュー View

ああ、ラブラドールよ。君らはなぜに、どうして、そんなにも『木の棒』を愛してしまうのだ。【動画あり】

レトリーバーは、物を使った遊びが大好き。たとえ人間が遊びに関わらなくても、ふと見るとひとり遊んでいたりします。そういうときにお決まりのアイテムが『木の枝』。わかるよ、噛んでいるだけで楽しいものだよね。でも…やっぱり君たちは、ちょっと棒愛が強すぎる気がするのだよ。

大きすぎるって? それでも構わん。

まずはこちらのラブ、Kiroちゃんから。もはや説明不要で、一見してすごい画像ですよね。

レトリーバーの大きなマズルでも咥えきれない太さの棒。

しかも長さもあって、Kiroちゃんの体長ほどもありそうです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

KIRO 🐕🐾(@kiro_the_dog2)がシェアした投稿 -

 

ぶっちゃけこんなにデカい棒では遊べない気がするのですが。

 

しかし足の曲がり具合を見ると、やたらと軽快な足取りのように見えます。

 

反してまじめなお顔からは、「任務、遂行中」とも言いたそうで、なんだかちょっと笑えてくる…。

 

一体どんな遊びをしたのでしょうね。

 

棒遊びに年齢は関係ない!

こちらは、なんとも可愛らしいラブパピーが、細い棒をくわえて楽しげに遊んでいる様子です。

先ほどのKiroちゃんのたくましく太い棒を見たこともあり、大変愛らしい様子に見えます…。

 

では、この画像をスワイプしてみてください!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

l u n a🐶(@luna_labradorofinsta)がシェアした投稿 -

 

今度は、大人のラブが登場です!

そんな大人ラブも棒を咥えて楽しそう…と思ったのですが、もしやパピーの棒を奪った…?

 

と言うのも、さらにスワイプするとまるで「返してよぉ!」と言っているようなパピーの姿が。

 

とはいえ、棒の奪い合いもまた遊びのうち!

と言うことで、大人も子どもも棒が大好きと言うわけですね。

 

もしかしたら、DNAに刷り込まれている本能なのかも…?

 

これはもしや…歓喜の舞か!

最後はこちら。黒ラブが、枝も葉もついたままの大きな棒を振りたてています。

ブレているのは葉の部分。その様子で、どれほどの勢いか伝わるでしょう。

 

しかし、端から端までの長さは、ラブの体の2~3倍にもなりそうなほどの長い棒。

 

それなのに右に左にブンブン振りまくり!

 

そしてしっぽも同じくらい振られていて、本当に嬉しそうです。

 

途中で枝がばらけても、くわえ直して再度振り回します。

 

さらには枝先の葉と地面の葉が触れ合って激しい音を立てていますが、そんなことも全くお構いなしです。

 

これはもう『完全に棒に夢中』としかいえない光景でしょう!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Poppy, Ayla & Chris(@luziemaus)がシェアした投稿 -

 

レトリーバーの名前の由来は、英語のretrieve(レトリーブ、回収する)から来ています。

 

つまり、ハンターが撃った獲物を拾って持ち帰るのがお役目。

咥えた物を激しく振るのは、獲物を弱らせるための行動と言われていますね。

 

そういう本能があるため、手頃な木の棒をオモチャにしちゃうのかもしれませんね。

 

実に嬉しそうで見ているだけで癒されますが、木の破片などの誤飲には、くれぐれも注意してあげてくださいね!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「君、おもちゃなの?」庭でゴリラのぬいぐるみに遭遇したラブラドール。正体がわかった瞬間、派手に遊び倒す【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • オリジンジャパン,フード,レト