2020年3月20日17,137 ビュー View

(ススス …)スロープの使い方が分からないラブラドール。考えた結果『おなか滑り』で降りた…って可愛い過ぎ。【動画】

ラブラドールは頭の良い犬種ですが、ときに天然な一面を見せてくれることがあります。今回の動画では、スロープの降り方を間違えているラブラドールの子犬をご紹介。予想外すぎるラブの行動には、隣で見ていた小さな女の子も爆笑しちゃったようです!

スロープを見つめるラブ

スロープの上にいるラブラドールの子犬。段差がある場所にスロープを置くことで、足腰にかかる負担が少なくなり移動も楽になりますよね。

 

しかしラブはというと…動かずにただぼんやり、スロープを見つめるだけ。

 

なにやら真剣に考え込んでいるように見えるけれど…。

 

一体どうしたんだい?

 

一旦、調査中

この雰囲気を見ると、どうやらラブはスロープの降り方が分からないのでしょう。

においを嗅いで、未知なる相手について調べているようです。

 

(クンクン…)

 

ラブラドールは頭の良い犬種ですから、自分なりに考えているのでしょうね。

 

そんなラブを女の子は不思議そうに見ています。

まあ、それはそうよね。

 

なんだ、その体勢は…!

調査の結果、ラブは「この上は通っても大丈夫だ」と判断したようです。

 

ということでやっと動き始めたのですが、なんだか様子がおかしい…。

 

まるで『今から歩く姿』には、到底見えないのです…。

 

お尻を高く突き上げて、そのまま海に飛び込むかのような…?

 

そして、ついに動きがありました。

 

(ススス…スス…)

 

…なんだそれ!

 

お腹滑りだなんて、考えもしなかったよ…!

 

ということで、ラブはこのまま上手に進んで、無事に地面へ着地しました。

 

この行動に爆笑

予想外のスロープの使い方をしたラブに、動画を撮影しているオーナーさんも笑いが止まりません。

 

そして近くにいた女の子も、小さいながらに驚いたようで爆笑!

 

歩いて降りるのが怖かったのか、降り方を分かっていないのか…しかし自分なりに考えて動いたラブ。

 

しかし、お腹でスロープを滑る天然な姿はかわいすぎました…。

 

正解ではなかったけれど、微笑ましいからこのままで良いか!

 

盲導犬や介助犬としても活躍するラブラドールの賢さには、日々驚くことばかり。

 

しかし一緒に過ごしていると、意外とお茶目な一面もあることに気がつきますよね。

 

このギャップがラブラバーの心を掴んでいると言っても過言ではないでしょう。

 

とくに今回の動画のラブの行動は、予想外すぎて最高でしたよね!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「まずいハマった…」天然で憎めない、それがラブラドゥードルの魅力だ!

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • オリジンジャパン,フード,レト