2020年3月22日10,923 ビュー View

餅か…?ゆるゆる脱力系のラブラドール。大人になってもしっかり脱力してるとか、可愛いとしか言えない。

今回ご紹介するのは、ラブラドールのサンシャイン。とっても素敵な名前のサンシャイン、まるで家族を照らす太陽のような存在になってほしいなんて願ってつけられた…のだとしたら、しっかりその役割を担っていたよう。だって、こんなにも笑える『脱力系』の仕草をたっぷりと見せてくるのだから。

完全脱力中。

コチラが今回の主役ラブ、サンシャインさん。ご覧いただくとわかる通り、抱っこの最中も完全に体を預け切って脱力中。そのせいで、オーナーさんはちょっと抱っこしづらそう…。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Sunshine(@sunshinethelabrador)がシェアした投稿 -

 

もう、目を細めたら餅のように見えてくるような。

 

しかし、パピーながらにも大型犬と思わせる大きなおてて。

ポコリと膨らんだ大きなまん丸お腹。

そして、必殺困り顔。

 

どこをどう見ても可愛いことには変わりはありませんね。

そして信頼していることもわかります、まだまだパピーですしね。

 

でも、一応もうちょっとだけ、気を張ったほうが良いのでは…?

 

このポーズよ。

サンシャインさんはこの日もしっかり脱力中。

オーナーさんは片手にスマホを持っているようですが、一緒にセルフィ撮影でもしたかったのでしょうか。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sunshine(@sunshinethelabrador)がシェアした投稿 -

 

とは言え、あっちゃこっちゃに向いたこのおててのフリーダム感。
 
写真に収め、人に見せたらきっと「可愛い〜♡」の前に「ブハッ!」となってしまいそうな予感がプンプンです。
 

無なの…?

えっと。さすがにここまでされると言葉を失うというか。

 

推測するに、サンシャインさんは今抱っこされているのでしょう。

 

だから可愛いピロピロのお耳もこの通り、まるで他犬種のように『立ち耳』のようになってしまっています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sunshine(@sunshinethelabrador)がシェアした投稿 -

 
しかし、焦るでもなく慌てるでもなく、そのお顔や様子は完全に『無』。
 
お口も一文字に結んで、感情どこいったんよ…。
 
もうここまできたら、令和時代・超絶脱力系代表ラブ…なんて肩書きをお渡ししても良さげかと。
 

マジか…成長したサンシャインさん。

こちらはお家のお兄ちゃんでしょうか。にこやかなお顔でさわやかな雰囲気です。

そんな優しそうなお兄ちゃんと一緒に撮影したサンシャインさんは、この通りとっても大きく成長しました!

 

その様子がコチラ!

 

(だるーん)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sunshine(@sunshinethelabrador)がシェアした投稿 -

 

脱力してるよ…。

 

ほほ肉が重力に勝てずにダラーン。

成長して大きくなったお耳もダラーン。

 

サンシャインさんは、大きくなっても性格は変わることなく、その大きさだけが成長を遂げていたのでした。

 

そんなの、最高可愛いじゃないかよ!

 

おまけ。やたらキリッとしてた日。

サンシャインさんがたいそうキリッとしていた瞬間を見つけたので、最後にご紹介しておきましょう。

 

これはまだパピーの頃。

なぜかわかりませんがおトイレの横で、デキる感をプンプンに前足をクロスさせ、超絶『キリッ』としていたのです。

 

こんなギャップまで持っているのだなんて。一周してズルイわ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sunshine(@sunshinethelabrador)がシェアした投稿 -

 

で、何してたんですか…?

 
さて! 今回は超脱力系ラブラドールのサンシャインさんをご紹介しました。
 
こんなにもゆるゆるで愛らしい姿を見せられたら、本当に名の通り穏やかな性格に成長したと言えそうですよね。
 
え? 生まれた頃からゆるゆるじゃないかって?
もしかしたら、その性格を見て、後からつけられた名前だったのかもしれませんね。
 
 

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • オリジンジャパン,フード,レト