2019年12月26日11,338 ビュー View

のんびりおっとり。何事にもマイペースすぎるラブラドールの子犬がただの、可愛いのかたまり。【動画】

生まれたばかりのパピーでも性格はそれぞれ違います。小さいのに個性がある子もたくさんいますからね。今回は、性格チェックを受けるラブラドールパピーの様子をご紹介。終始ぼんやりとしていて何事にも動じないマイペースな性格のようで、その姿は癒しそのもの。どうぞたっぷりのキュンを感じてください!

ゴロン、大人しくできるかな?

生後6週間のラブラドールパピーのKingは、今お外で性格チェックを受けています。

まずはゴロンテストですが、ジタバタせずに、いい子にしていられるかな?

 

おや…?

 

Kingは全く抵抗せず、とてもいい子にゴロンできました。

 

というよりむしろ、されるがまま。

 

マイペースで自立したパピー…なの?

さて、お次は呼ばれて反応するかのテスト。

 

「おいで、おいで」と離れたところでKingが呼ばれました。

 

しかしどうしたのでしょうか。

Kingは芝生の上で伏せたまま動こうとしません。

 

それどころか「ファァ」とあくび。

 

「今は眠いから動きたくないよ」とでも言っているのかもしれませんね…。

 

マイペースで超大物ラブラドールに成長しそうな予感がプンプンです。

 

持ち上げられてもぼんやり。

今度は、体ごと持ち上げられるKing。

 

手足がぷらんとすると落ち着かず嫌がる子が多いですが、Kingは…やっぱりおとなしく持ち上げられています。

 

もう、性格テストはここでやめてもいいのでは…と思えるほどに、のんびりしておだやかな性格なのだとわかりますね。

 

オモチャを取りに行くテスト

最後はオモチャへの反応を見ます。

 

オモチャを見たKing…は、やはりすぐには反応しません。

 

「あれは何かな」と気にはなるのか、オモチャを見てはいますが跳びつこうとしません。

 

本当にパピーなの…?

 

しかし、しばらくするとゆっくりとオモチャに近づいて、クンクン。

 

慎重な性格の賢い子、とでも言えば良いのでしょうか。

 

もはや、大きくなってもこのままの性格でいてほしいとさえ思えてきちゃいました。

 

おとなしくのんびり、マイペースな性格のKing。

とにかく終始おっとりしていましたね。

 

でもそんなところがラブラドールの愛らしいところ。

 

そう考えれば、彼らの穏やかで優しい部分が存分に出ている性格なのだと言えそうですね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「オハヨウ…」寝起きが悪いゴールデンに母性本能をくすぐられてしまう。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • レト,ジアイーノ
    レト,ジアイーノ
  • レト,愛玩飼育管理