2020年4月14日6,894 ビュー View

(ムスッ)珍しく『子犬嫌いな』ゴールデン。しつこく追われ、あからさまに塩っけが強い対応をしてた件。【動画】

「県民性」という言葉があるように、地域ごとに、何らかの傾向が見られるのではないかと考えられがち。ゴールデンもフレンドリーで優しいイメージを持たれがちですが、全ての子がそうとは限らないのです。こちらのゴルのように、あからさまにムスッとした態度を取る子もいるようで…。

先住犬のもとへ行きたいパピー

マットの上でくつろいでいた先住犬の大人ゴル。すると、自分もそばに行きたいとばかりにパピーのゴルが前足をかけて立ち上がりました。

 

しかし…先住犬の態度は変わりません。

 

それどころか、何となくそっぽを向いています。

 

アピールするかのようにパピーから足を甘噛みされても特にリアクションはなく、ただ大きなあくびだけをしただけ…。

 

目を合わせようとしない

その後、場所をベッドの上に変えても、パピーが甘えてくると先住犬はこわばったような表情に。

 

ゴルでこのお顔…あまり見かけないですよね…。

 

もちろんパピーのことが気になってはいるようですが、相手が見ていないときにチラ見して、決して直接目を合わせようとしません。

 

これは、あからさまに避けています…。

 

送るのは鋭い目つきのみ。

ひょっとして先住犬は、このパピーに限らずパピー全般がちょっぴり苦手なのでしょうか?

 

しかし、一方のパピーはそんな先住犬の態度などおかまいなし。

 

むしろ先住犬のことを気に入っているらしく、すぐにそばに寄っていきます。

 

しかし、そんなのんきなパピーへ送られる視線は、なんとも鋭いもの。

 

知らんぷりしてトコトコ

先住犬の目前で仰向けになっているパピーは、いかにも構って欲しそうな雰囲気。

 

すると立ち上がった先住犬はパピーの匂いをクンクン。

もしや、一緒に遊ぶことにしたのかな? 

 

…なんてこともなく、すぐに知らんぷりして別の場所へと移動してしまいました。

 

悲しい、悲しすぎる…。

 

ちょっとずつ近づく2頭

パピーはやんちゃ盛りで、いたずらだってし放題。

先住犬との関係に悩んでいる様子もありません。

 

しかし、そんな無邪気な態度に先住犬もちょっとずつ打ち解けてきたようです。

 

ご覧ください、この姿を。

 

同じ顔しておネムの様子です。

 

これはきっと、一緒に遊ぶようになるのも近いのではないでしょうか。

 

ゴールデンにしては珍しく人見知りで、パピーがそばに来るとしっかりオコ顔をしているのには笑ってしまいました。

 

子犬ももちろんかわいいですが、そんなわかりやすい態度の先住犬もまた、とても愛らしかったですね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「今日はパパがいなぁぁあい!!」そのことを悟った瞬間裏の顔を表し、ひたすら暴れ回るゴールデンがいた…。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • オリジンジャパン,フード,レト