2020年6月7日1,868 ビュー View

『ゴールデンレトリーバーのどこが好き?』ひたすら“好き”を考えてみた結果、わかったこと。

ゴールデンレトリーバー大好き! どうしてこんなに好きなのか、果たしてどこが好きなのか。いつも友人たちと語り合っていることをできるだけ客観的に考えて書き出し、主なものをまとめてみました。書いてみるとその理由だけでなくますます愛が止まらなくなることもわかりましたので、ぜひみなさんもやってみてください!

ゴールデンと暮らしているとつい天使と暮らしているのではないかと錯覚してしまう件

 

ゴールデンレトリーバーの性質というのを図鑑やネットで調べてみると、「おとなしい、穏やか、優しい、子供に寛容、家族思い、頭がいい、訓練性能が高い、忠実、思慮深い、辛抱強い」等々、誉め言葉が続きます。

 

このことに異論を唱える人はいないでしょう。

 

そう、ゴールデンは本当に素晴らしい性格・性質の持ち主なのです!

 

一緒に暮らしていると「どうしてこんなにいい子なの? 天使じゃないかしら!」と思うことがたくさんありますよね。

 

「うちの子は最高にいい子!」

 

この「いい子」は定義化することはできないのですが、そこをあえて書き換えるとしたら「ただいるだけで私たちに愛と笑いと勇気を与えてくれる素晴らしい存在」ということでしょうか。

 

あぁ、またべた褒めしちゃいました(笑)。

 

今回はとにかくゴールデンの素晴らしさをひたすら語るコーナーなのであまり堅苦しいことは言わないで次へ進みましょう!

 

純粋で天真爛漫。さらに賢さもフル装備!

東京都 小町ちゃん 11歳 女の子

 

例えば普段何もしていない時でも「目が合うと笑顔で飛んできてくれる」ことはありませんか?

 

もうっ、なんてハッピーな性格なのでしょう。

 

ちょっと落ち込んだ気分の時も、ゴールデンの笑顔を見たら気持ちが切り替わって前向きになり、嫌なことなんて忘れてしまいます。

 

いつもニコニコ笑顔でご機嫌で、天真爛漫を絵にかいたようなゴールデン。

 

でもそれだけじゃありません。目を見てしっかりこちらの話を聞いてくれる思慮深さも備えているところも魅力。

 

私たちが今何を考えて何を言おうとしているのかを真剣に理解しようとしてくれるその優しさには時にホロリとしてしまうほどです。

 

つい悩み事を相談してしまう…なんて方もいるのではないでしょうか? 何を隠そう私はそうなのですが。

 

真面目な話じゃなくてもOK。

 

くだらない話でもどんなことでも真剣に聞いてくれるし、話の途中で変なこと(大きなくしゃみをしたり、おならをしたり)して、場を和ませてくれるのも得意。

 

無意識なのがまたいいのです。

 

しっかり者の優等生かと思いきや、ボケるところはしっかりボケてくれるって完ぺきすぎるでしょ!

埼玉県 ゾーイくん 4歳  男の子

 

ゴールデンってとにかく全てにおいて平均点以上、いえ、それどころか満点に近い数字をたたき出す「全国模試で常にトップにいる優等生」という位置づけだと思うんです。

 

攻撃性とかそういうのが得点になるとしたらダメダメですけど、一般的にはそこはいらないところだし。

 

何をやってもそつなくこなし、努力も惜しまない。

 

誰とでも仲良く中立の立場でいられるから、クラスをまとめるのが得意な学級委員タイプかもしれません。

 

優等生と言っても面白みがないわけではない、ということはご存知の通りです。

 

全てをそつなくこなすタイプではあるものの、意外と抜けている「天然」っぷりに気が抜けることがあります。

 

机に頭をぶつけるなんて日常茶飯事。

 

いくつになっても子供っぽいところもあって、無邪気さを失わないのも魅力ですよね。

 

たまに悪戯をしちゃうことはあるけれど、やり過ぎないのも愛されポイント。

 

飛んだり跳ねたりといった運動神経は特別いいというわけではないかも…というのは本人(犬)にはナイショ。

 

とにかくクスッと笑ってしまうようなことを素でやってくれるのもゴールデンの可愛らしさです。

 

ここぞという時はキリッとするけれど、天然のボケキャラも備えているゴールデンは無敵です。

 

一緒にいればいるほどその美しさの虜。少々大変なこともありますが。

栃木県 のこちゃん 10歳 女の子(Instagram:@nokotan0810)

 

ゴールデンに惹かれる理由のひとつに「容姿」というのがあるとしても、それは悪いことだとは思いません。

 

大型犬が好き、大型犬と暮らしたい。そう思ってゴールデンを選んだ人もいるでしょう。

 

その「大きい」ということも容姿の一つです。

 

大型犬に抱きついたときの安心感、そして家の中での存在感。一度味わったらやみつきです。

 

豊かで、さらさらと風になびく金色の毛はゴージャスそのもの。

 

垂れた耳や大きな肉球、いつも笑っているような顔も私たちを惹きつけます。

 

抱きついた時の感触もたまりません!

 

その幸せを得るためなら、果てしない抜け毛との戦いも、食事の時にいつの間にか毛が口に入るというイリュージョンも、なかなか取れないヨダレの痕も、何てことありません。

ほんとに。

 

ゴールデンレトリーバーは最高に素敵な犬だという結論

東京都 ルナちゃん 9歳 女の子

 

今回はゴールデンレトリーバーを愛する私が客観的にその素敵なところを書き出してみようと思って始めたのですが、結果としてわかったのは「ゴールデンレトリーバーは最高に素敵な犬」ということでした。

 

ゴールデンを愛する方からしたら当たり前の結論ですみません(笑)。

 

感覚は人それぞれなので、細部は異なることがあると思います。

 

また、「もっとこういうところもあるよ!」というのもあると思います。

そのあたりも含めてぜひ一度書き出してみてください。

 

楽しいですよ!

 

オーナーさんたちからの「好き」もご紹介

「全てを受け入れてくれる大きな心。ただひたすら優しい。争い、意地悪という言葉はゴールデンの頭の中には微塵もなくて、つくづく優しい犬なんだなあと思う」

 

「ただひたすらゴールデンの全てが好き。とろけたのんびりした顔を見れば自然に笑顔、機敏とは言えない動き、頭が良くて素直、人に寄り添う深い愛」

 

「寝る時大きな身体が邪魔であちこちひねったり痛かったりするけど、その重みがあったかくて幸せ♪ 私の枕を使って寝る珠子29kgは私の枕になり、お腹の上に乗ってくるはじめ36kgは掛け布団」

 

「今はふたりの(お空の子達ももちろん!)存在そのものが1番! 1日が「可愛い」で始まり、「可愛い」で終わります」

 

「絶対的な信頼感。絶対悪い事もしないで帰りを待っててくれる。とにかく私達家族の中のルールや生活のリズムをいつの間にか理解して、一緒に暮らしてくれている」

 

「媚びをうらず、とにかくマイペース。眠くなれば、さっさとひとりでベッドルームへ…みたいなところが人みたいな感じ(笑)。そして、甘えたいときは、ベッタリくっついて愛情表現してくれる」

 

「赤ちゃんの時には静かに見守り、成長とともに、時にはケンカもしながらめいっぱい遊び、泣いている時にはずっと寄り添い...娘の傍にはいつもこの子がいました。ゴールデンの温かさが大好きです」

 

「息子が落ち込んで違う部屋へ行くと一緒について行き、近くに一緒に居てあげる優しさがたまらない」

 

「顔がすごく可愛い。ゴルなのに小さい耳が歩くたびにピョンピョンはねてすごく可愛い」

 

「雪山や海へ連れて行くと笑顔で楽しそうに走りまわり、見ていて本当に癒されます」

 

アンケートにご協力いただいた皆様、ありがとうございました!

 

執筆者:Roco

『ヒトとイヌ』を永遠のテーマにしているフォトグラファー&ライター。

撮影・執筆の他、写真のレッスンも行う。

フォトグラファーになるきっかけを作ってくれた英国ゴールデンのRubyは15歳2か月で虹の橋へ。 現在の愛犬はトイプードルとオーストラリアン・ラブラドゥードル。

子供の頃からの夢は「ドリトル先生になること」

 

 Facebook:Roco ~LoveLetters~ 写真と言う名のラブレター

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • オリジンジャパン,フード,レト