2020年9月28日16,658 ビュー View

「お呼びですか…」もう目が開かないらしい…イタズラしたゴールデン。『隠し事』が下手すぎてもはや笑えてくる【動画】

今回ご紹介するのは、『私には隠し事があります』とばかりに、あからさまに様子がおかしいゴールデン。そうです、様子がおかしくなると言えばイタズラ。そのことがバレて、もはや目が開けられないほどの状態に。こんなに素直なリアクションをされたら、怒るどころか笑えてくるんですけど!

君は何をしたんだい?

さて、動画は主役のゴルがキッチンにいるところからスタート。

早速ですが、がっつり様子がおかしいのです。

 

ゴールデンの可愛いおめめが半分程度までにサイズダウン。

もう『目が開けられない』状態なのです。

 

オーナーさんは冷静に「君は何をしたんだい?」と問いかけています。

 

すると、この空気に何やら察した相棒猫がそそくさと別の部屋へ。

 

(サササッ…)

 

今から『何か』が執り行われるようです…。

 

こっちにおいで?

キッチンにはオーナーさんとゴールデンのふたりだけになりました。

 

しかし、なぜこのような状況になっているかと言えば、ゴールデンがイタズラをしてしまったから。

 

ということでその尋問をすべく、オーナーさんは近くにくるよう指示を出します。

その瞬間の様子がこちら。

 

「……」。

 

おいおいなんだよ…。

なんだそのわかりやすい落ち込みっぷりは…。

 

その後も、もはや鉛でもつけられているのかと思えるほどに足取りが鈍いゴールデン。

 

そのせいで、スロー再生だったかなと錯覚してしまうほど。

 

(のっそ…のっそ…)

 

そして、できる限り時間を稼ぎたいのか歩く「角度」をクイッと変えて…

 

(のっそ…のっそ…)

 

なんとなく壁づたいに、どうにか近くまで歩いてきました。

 

(のっそ…のっそ…)

 

ゴールデンなりの、できる限りの遠回りでしょう…。

 

派手にやったなあ…!

そして、今回のイタズラの全貌がカメラに映し出されました。

 

(ボロッ…)

 

やってくれましたね。

 

自分のベッドなのかクッションは激しく破壊され、お友達であろうぬいぐるみも、もはや天に召されているよう。

 

そしてオーナーさんを前にしたゴールデンは…

 

(シパシパ…)

 

もう、目が開けられなくなっていました…。

 

(キュッ…)

 

ああもう、なんと素直すぎる生き物なの…!

 

可愛すぎて変な声が出てしまいそうです…。

 

撫でられながら許してもらう

そんな我が子の姿をみて、きっとオーナーさんも「仕方がないなあ」と思ったのでしょう。

 

自分の足に寄せてあげました。

お、片目が開きましたよ。

 

(チラッ…)

 

そして、「もうしちゃダメだぞ!」とばかりにお顔をなでなで。

 

ここでやっと、少しだけ安堵の表情を見せます。

 

あからさまな態度はど正直といえそうで、もう笑えてきちゃいましたよね。

 

でもイタズラはダメだから、今後は気をつけてね!

 

全ての気持ちがお顔や態度に出てしまったゴールデン。

可愛くて笑えてきちゃいましたよね。

 

彼らのいいところは、このように「素直」という部分もポイントのひとつ。

 

とは言え、イタズラは誤飲などの危険もありますから、どうかやめさせるようにしましょうね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

『この度は誠に…』イタズラ直後、絶妙な表情とポーズで謝罪の意を見せたラブラドールが、完璧人間に見える…【動画あり】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • オリジンジャパン,フード,レト