2020年12月22日4,764 ビュー View

ドアの中に入りたくてアレコレ頑張るゴールデンパピー。申し訳ないが、可愛すぎて焦らしたくなるヤツだ…!【動画】

今回は『できる』と信じてやまないゴールデンの姿をご紹介。何を信じているかといえば、狭い隙間との戦い。そう、通り抜けることを信じてやまないのです。とはいえ、どれもかなり無理があるもの。ということで、その心が可愛く思えて仕方がないのです!

ボールをね、取りたかっただけ…

ソファの背もたれの間に転がっているボールをとろうとしているEli。しかしなかなか難航しているよう。

 

それもそのはず。

背もたれの隙間に顔を突っ込んで取ろうとしているのですが、お顔の大きさが隙間にそぐわず、ボールに届かないのです…!

 

だからこんなお顔になってしまっているのです。

 

きつねさんかな…。

 

それでも諦めきれないEliはボールを見つめています。

 

しかしうっすら別の疑惑が。

もしかしてだけれど、Eliはお顔が抜けなくなってしまったのかも。

 

どうも「ヘルプ」という感情が放たれている気がしてならないのです。

 

しかし、頬のお肉が寄せられているこのお顔は可愛くてずっと見ていたくなる…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Chloé the Pug & Eli the Golden(@chloehachiko)がシェアした投稿

 

「中に入りたいでしゅ…!」

わずかに開いたドアの隙間からお顔を突き出しているのはパピーのMax。

 

必死に隙間に頭を突っ込んだり、前足を出したりしますがいっこうに出ることができません。

 

だって、隙間はMaxの幅よりもうんと狭いのですから…!

 

しかし、なんとも健気で可愛らしい様子には微笑まずにはいられません。

 

実際この場にいたら、可愛すぎてちょっと焦らしたい欲求が生まれてきちゃうかも…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Max(@max.thegoldenretriever)がシェアした投稿

 

お外が気になっちゃうんだね…。

最後は、塀と塀の間に挟まって身動きが取れなくなってしまったトニーです。

 

見てお分かりのように、頭を塀と塀の間に突っ込んで、にっちもさっちもいかなくなってしまいました…。

 

よほど塀の向こう側に行きたかったのでしょう。

 

でもそんな狭い隙間、そもそも大型犬のトニーが通れるはずがありません。

 

オーナーさんから寄せられたコメントには「また挟まってた」とあり、なんとこれは初めてではないよう。

 

この後オーナーさんがどのようにトニーを引っこ抜いたかはわかりませんが、塀の向こうは外のようですから、どうかお気をつけくださいませ…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

恭平(@matu_kyou_0124)がシェアした投稿

 

いろんな状況で挟まっていたゴールデンたち。

 

みんな「できる」と信じてやまない心が可愛く思えますよね。

 

とはいえ、無理なものは無理なのですが、それでも頑張る姿にはキュンときちゃうものです。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

『一緒に帰るううぅぅう!!』ペットホテルに預けられると気づいた瞬間、大至急戻ってきたゴールデンが超健気だった…【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • レトリーバー,Ta-Ta,タータ